幌延深地層研究センターゆめ地創館を活用したリスク・コミュニケーションについて(2014年度)
Risk communication activity which used "YUME Chisoukan" in the Horonobe Underground Research Center (FY2014)
藤原 利如; 片田 偉奈雄; 星野 雅人; 徳永 博昭*; 堀越 秀彦*
Fujiwara, Toshiyuki; Katada, Inao; Hoshino, Masato; Tokunaga, Hiroaki*; Horikoshi, Hidehiko*
幌延深地層研究センターは、深地層研究のための地下坑道等の研究施設、またその研究内容を解説するための施設と研究者が揃っており、敷地内には、実際の人工バリアを実規模で体感できる工学研究施設もあり、高レベル放射性廃棄物の地層処分について詳しく知るための国内最高の環境である。これらの優位性を生かし、来場する地元住民(国民等)を対象として高レベル放射性廃棄物に対する漠然とした疑問、不安などの意見について、アンケート等を活用した広聴を行っている。今回、平成26年4月から11月までに収集したアンケート等の意見(2,457件)について統計分析の結果を報告する。
Horonobe Underground Research Center managed by Japan Atomic Energy Agency (JAEA) is the Japan's best environment to understand the project of geological disposal of high-level radioactive waste of Japan because there is an underground research laboratory (URL) in the center besides an exhibition facility which explains the content of research conducted in the URL. In the area of the center, there is also an exhibition facility for the full-scale model of engineered barrier system of geological disposal. JAEA takes advantage of this opportunity to conduct public hearing including questionnaire research regarding the questions, anxieties and comments by the visitors for geological disposal project. This report summarizes the result of statistical analysis of 2457 comments by the visitors from April to November in 2014.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2015-035
ページ数 : 103 Pages
発行年月 : 2016/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 地層処分; 幌延深地層研究センター; アンケート
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20150035
抄録集掲載番号 : 44000653
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This