東京電力福島第一原子力発電所の炉内構造物解体を想定したプラズマ切断技術による適用性試験
Applicability test of plasma cutting technology for dismantling of the core internals of Fukushima Daiichi NPS
手塚 将志; 中村 保之; 岩井 紘基; 佐野 一哉
Tezuka, Masashi; Nakamura, Yasuyuki; Iwai, Hiroki; Sano, Kazuya
東京電力福島第一原子力発電所は、炉心溶融に伴い炉内構造物は原形を留めておらず、溶融燃料と混在し複雑狭隘な状態にあると想定される。このため「ふげん」では溶融再凝固した炉内構造物の取出しに向けて、2012年度から3カ年で、プラズマアーク切断技術を用いた切断試験を進めてきており、炉内構造物等の取出しに有効な工法であることを確認した。具体的には、原子炉構造材を模擬した試験体を用いた要素試験を実施し、対象物に応じて切断条件の最適化を図ることにより、溶断ドロス発生の抑制が可能であることを確認した。また、格納容器下部等に堆積していると想定される厚みが不明な燃料デブリに対し、対象を事前に加熱することで切断能力の向上を図る手法を構築した。さらに、プラズマアークで切断不可能なセラミック等の非導電材も切断可能なプラズマジェットと組み合わせた連携切断手法により、燃料デブリと溶融金属の混合材(模擬試験体)でも切断が可能であることを確認した。これらの成果から、プラズマ切断技術は、種々の条件に応じた最適な切断条件を設定することにより、燃料デブリ及び炉内溶融金属の取出し作業へ適用できる見通しを得た。
It was reported that Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant had been lost the function of cooling the reactor by the Tohoku Earthquake. It is assumed that the original shapes of the internal core are not kept and the inside of the reactor makes so narrow in the space, however the fuel debris and the molten internal core will have to be removed for the decommissioning of 1F. We concerned the suppression of dross by optimization of cutting conditions, in using some moderated test pieces. And we can improve the cutting capability by heating the objects in advance. Moreover, it's possible that plasma arc cutting can cut off the mixed material the fuel debris and the molten internal core by using the cooperation cutting technique both the plasma arc and the plasma jet cutting. From these results, we have got the prospect that plasma cutting method can apply the removal of the fuel debris and the molten internal core.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2015-047
ページ数 : 114 Pages
発行年月 : 2016/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : プラズマアーク切断; 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20150047
抄録集掲載番号 : 44000611
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This