超深地層研究所計画における表層水理観測データ集; 2014年度
Annual data compilation of water balance observation in the Mizunami Underground Research Laboratory Project (MIU Project); For the fiscal year 2014
上野 哲朗; 竹内 竜史
Ueno, Tetsuro; Takeuchi, Ryuji
日本原子力研究開発機構東濃地科学センターでは、超深地層研究所計画の一環として、地下水流動解析における上部境界条件を与える岩盤浸透量の水収支解析による算出、水理地質構造モデルのキャリブレーションに必要なデータの取得および研究坑道掘削に伴う浅層の地下水環境の変化の把握を目的として、表層水理観測を実施している。この表層水理観測では、蒸発散量算出のための気象要素, 降水量, 河川流量, 地下水位および土壌水分の観測を、正馬川流域, 正馬川モデル流域および瑞浪超深地層研究所用地で実施している。本データ集は、2014年度の表層水理観測で得られたデータについて、欠測や異常値の補正・補完を行ってデータセットとして取りまとめた。また、研究坑道掘削工事における周辺環境モニタリングの一環で取得されている狭間川の河川流量データを用いて、同流域の岩盤浸透量も算出した。この表層水理観測は、相当量のデータが蓄積されたため2014年度末を以て終了した。
Tono Geoscience Center of Japan Atomic Energy Agency (JAEA) has carried out the subsurface water balance observation in order to estimate groundwater recharge rate for setting the upper boundary conditions on groundwater flow simulation and to obtain data for calibration of hydrogeological model. In the subsurface water balance observations, meteorogical data, river flow rate, groundwater level and soil moisture have been observed in the Shoma River watershed, the Shoma River model watershed and the MIU Construction Site. After missing or abnormal data in the monitoring data from the fiscal year 2014 were complemented or corrected, the data were compiled in data set. Furthermore the groundwater recharge rates in the Hazama River watershed were calculated using the river flow rate data obtained from the environment survey in the MIU construction work in the fiscal year 2014. Because many data were accumulated, these observations were finished in the end of March, 2015.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2015-031
ページ数 : 61 Pages
発行年月 : 2016/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 超深地層研究所計画; 表層水理観測; 水収支解析
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : DC20150031
抄録集掲載番号 : 44000640
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This