幌延深地層研究計画(第1段階)における深層ボーリング調査の割れ目データ集
Data of fractures based on the deep borehole investigations in the Horonobe Underground Research Laboratory Project (Phase 1)
草野 友宏; 石井 英一
Kusano, Tomohiro; Ishii, Eiichi
日本原子力研究開発機構では、堆積岩を対象とした深地層の研究施設計画を北海道幌延町において進めている。本データ集は、幌延深地層研究計画(第1段階)において実施した深層ボーリング調査の割れ目データに関する情報を取りまとめたものである。
Japan Atomic Energy Agency (JAEA) is performing the Horonobe Underground Research Laboratory Project, which includes a scientific study of the deep geological environment as a basis of research and development for geological disposal of high level radioactive wastes (HLW), in order to establish comprehensive techniques for the investigation, analysis and assessment of the deep geological environment in the sedimentary rock. This report aims at compiling fracture data of drill core obtained from the Horonobe Underground Research Laboratory Project (Phase 1).
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2015-024
ページ数 : 6 Pages
発行年月 : 2016/02
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : DC20150024
抄録集掲載番号 : 44000633
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This