再処理施設の火災時条件におけるRu及びEuの有機溶媒への分配挙動と有機溶媒燃焼時の放出挙動(受託研究)
Solvent extraction and release behavior of ruthenium and europium in fire accident conditions in reprocessing plants (Contract research)
天野 祐希; 渡邊 浩二; 真崎 智郎; 田代 信介; 阿部 仁
Amano, Yuki; Watanabe, Koji; Masaki, Tomoo; Tashiro, Shinsuke; Abe, Hitoshi
再処理施設における有機溶媒の火災事故時の安全性評価に資するため、共除染工程に存在する放射性元素のなかで比較的揮発性が高い化学形をとる可能性があるRuの溶媒抽出挙動を調査した。Ruについて溶媒中のTBPやTBP劣化物の濃度等の有機溶媒の組成や抽出温度をパラメータとした抽出試験を行い、火災事故時の抽出特性データを取得した。また、火災事故時の各元素の放出特性を把握するため、Ru及び核分裂生成物の代替物質としてEuを抽出した溶媒の燃焼試験を行い、溶媒の燃焼に伴うRu及びEuの放出割合を取得した。
To contribute to safety evaluation of fire accident in fuel reprocessing plants, solvent extraction behavior of ruthenium, which could form volatile species, was investigated. Distribution ratios of ruthenium at fire accident conditions were obtained by extraction experiments with several solvent composition at different temperature as parameters. In order to investigate release behavior of ruthenium and europium at fire accident, release ratios of ruthenium and europium were also obtained by solvent combustion experiments.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2016-012
ページ数 : 21 Pages
発行年月 : 2016/06
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : Nuclear Fuel Cycle Facility; Safety; HALW; Fire Accident; Ruthenium; Europium; Release; TBP; DBP
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 原子力規制庁
 
登録番号 : TN20160012
抄録集掲載番号 : 44001170
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This