研究施設等廃棄物浅地中処分施設における廃棄体の受入基準の設定; 有害な空げきが残らないこと及び一体となるような充填
Waste acceptance criteria for waste packages destined for near surface disposal containing radioactive waste from research, industrial and medical facilities
仲田 久和; 坂井 章浩; 岡田 翔太; 出雲 沙理; 辻 智之; 黒澤 亮平; 天澤 弘也
Nakata, Hisakazu; Sakai, Akihiro; Okada, Shota; Izumo, Sari; Tsuji, Tomoyuki; Kurosawa, Ryohei; Amazawa, Hiroya
原子力機構が計画している研究施設等廃棄物の浅地中処分施設で受け入れる廃棄体等は、第2種廃棄物埋設規則に規定された廃棄体等の技術基準に適合していることが求められる。廃棄体等のうち、コンクリートピットに埋設する充填固化体の技術基準には、廃棄体内部に有害な空げきがなく、固型化材料等と放射性廃棄物が一体となるように充填することが必要となる。本試験では、放射性廃棄物の分別作業記録に基づき、廃棄物組成を調査し、廃棄体の充填性の観点から保守側にその組成を設定し、設定した組成による模擬廃棄物を作製した。模擬廃棄物は、所定の手順に従い容器へ収納し、今回新たに設定したモルタルの示方配合による充填材の充填、固型化、養生を行って模擬廃棄体を作製した。その後、内部の空げき量の測定をするとともに模擬廃棄体の切断試験を行った。本試験の結果により、今回対象とした不燃性固体廃棄物の充填固化体については、同手順に従うことにより、有害な空げきのないこと及び一体となるような充填等の廃棄体の物理的な性能に係る技術基準について適合できる廃棄体が作製できる見通しが得られた。
The waste packages must meet the technical requirements that radioactive waste shall be solidified in a container by a method determined by the Nuclear Regulation Authority to prevent from radiation hazards. JAEA has been preparing operating procedure manual on quality control for radioactive waste disposal in order to promote the manufacturing the waste package. This report presents that simulant waste packages were produced by placing wastes in a 200 liter drum, which was then filled with mortar of a novel mix proportion, followed by curing in a controlled manner. Determination of the presence of harmful voidage and raw waste immobility were performed by direct measurement and visual inspection of a vertical cross section of the waste packages respectively.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2016-001
ページ数 : 112 Pages
発行年月 : 2016/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 廃棄体
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
: 浅地中処分に適した廃棄物処理を行うために; モルタルによる固型化方法の基準の検討
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20160001
抄録集掲載番号 : 44000628
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This