東京電力福島第一原子力発電所の炉内構造物解体を想定したAWJ切断技術による適用性試験
Applicability test of abrasive water jet cutting technology for dismantling of the core internals of Fukushima Daiichi NPS
中村 保之; 岩井 紘基; 手塚 将志; 佐野 一哉
Nakamura, Yasuyuki; Iwai, Hiroki; Tezuka, Masashi; Sano, Kazuya
東京電力福島第一原子力発電所(以下、「1F」という)は炉心溶融に至ったと報告されており、炉内構造物は原形を留めておらず、溶融燃料と混在し複雑狭隘な状態にあると想定される。このような状態の中、燃料デブリ等の取出しに向けて、熱影響が少なくスタンドオフを長く取れるアブレイシブウォータージェット(以下「AWJ」)切断技術について、2012年度から3カ年で切断試験を実施し技術開発を進めてきており、燃料デブリ等の取出しに有効な工法であることを確認した。初年度の成果は、既報告書"JAEA-Technology 2013-041 アブレイシブウォータージェット切断工法による炉内溶融金属等の取出しに向けた技術開発"で報告済みであるが、本報告書は、これを含む3ヵ年の集大成として取り纏めたものである。AWJ切断技術は、切断時に使用するアブレイシブが二次廃棄物として発生するものの、圧力容器下部等に堆積した厚み等の不明な燃料デブリや炉内構造物の取出しが可能であることを切断試験により確認し、実機に適用できる見通しを得た。
It was reported that Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (1F) had lost the cooling function of the reactor by the Tohoku Earthquake. It is assumed that the core internals became narrow and complicated debris structure mixed with the molten fuel. In consideration of the above situations, the AWJ cutting method, which has features of the long work distance and little heat effect for a material, has been developed for the removal of the molten core internals through cutting tests for 3 years since FY 2012. And it was confirmed that AWJ cutting method is useful for the removal of the core internals etc. The results in FY 2012 were reported in "R&D of the fuel debris removal technologies by abrasive water jet cutting technology (JAEA-Technology 2013-041)" and this report summarizes the results of FY 2012, 2013 and 2014 in this report. It was confirmed the possibility to apply the removal work of the fuel debris and the core internals.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2015-055
ページ数 : 89 Pages
発行年月 : 2016/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : Abrasive Water Jet Cutting; Fukushima Daiichi NPS; Dismantlement; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident; 福島第一原子力発電所事故
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20150055
抄録集掲載番号 : 44000619
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This