MLFデータ解析フレームワーク"万葉ライブラリ"利用マニュアル
The User's manual of "Manyo Library" data reduction software framework at MLF, J-PARC
稲村 泰弘; 伊藤 崇芳*; 鈴木 次郎*; 中谷 健
Inamura, Yasuhiro; Ito, Takayoshi*; Suzuki, Jiro*; Nakatani, Takeshi
万葉ライブラリとは、J-PARCの物質生命科学実験施設(MLF)において実施される中性子散乱実験にて得られたデータの解析に使用されるソフトウェアの開発基盤(フレームワーク)を提供するものである。このフレームワークはMLFで稼働する多くのビームラインで動作する必要があり、中性子実験データの処理に対して共通に使用される機能と各装置の仕様にあわせたソフトウェア開発に使用される。このフレームワークは、様々な次元のヒストグラムを入れる容器、データコンテナを中心として構成されている。データコンテナは、多次元ヒストグラムのエラー伝搬機能付きの四則演算、メタデータの保管、ファイルの読み書きなどの機能を持つ。万葉ライブラリはC++言語で作成しているのが、ユーザーインターフェースとしてPythonを選択し、Pythonの環境から万葉ライブラリを容易に呼び出す仕組みを導入している。これらの特徴を生かして、すでに様々なデータ処理・解析コードが多数開発されており、現在のMLFの多数の装置において解析作業の要として動作している。本報告書は万葉ライブラリを初めて使用するユーザーのための利用マニュアルである。
Manyo Library is a software framework for developing analysis software of neutron scattering data produced at MLF, J-PARC. This software framework is required to work on many instruments in MLF and to include base functions applied to various scientific purposes at beam lines. This framework mainly consists of data containers, which enable to store 1, 2 and 3 dimensional axes data for neutron scattering. Data containers have many functions to calculate four arithmetic operations with errors distribution between containers, to store the meta-data about measurements and to read or write text file. Since Manyo Library is built in C++ language, we' ve introduced the technology to call C++ function from Python environment into the framework. As results, we have already developed a lot of software for data reduction, analysis and visualization, which are utilized widely in beam lines at MLF. This document is the manual for the beginner to touch this framework.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Testing 2016-001
ページ数 : 91 Pages
発行年月 : 2016/06
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 中性子散乱; データ処理; フレームワークソフトウェア
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TS20160001
抄録集掲載番号 : 44001079
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This