Development of a code system DEURACS for theoretical analysis and prediction of deuteron-induced reactions
重陽子入射反応の理論解析と予測のためのコードシステムDEURACSの開発
中山 梓介; 河野 広*; 渡辺 幸信*; 岩本 修; Ye, T.*; 緒方 一介*
Nakayama, Shinsuke; Kono, Hiroshi*; Watanabe, Yukinobu*; Iwamoto, Osamu; Ye, T.*; Ogata, Kazuyuki*
近年、重陽子加速器を使った大強度中性子源が様々な応用に対して提案されている。このような中性子源の設計のためには、高精度かつ広範な重陽子核データライブラリが必要不可欠である。それゆえ、我々はDEURACS (DEUteron-induced Reaction Analysis Code System)という、重陽子入射反応の解析と理論予測用の統合コードシステムを開発している。本研究では、$$(d,xn)$$反応の解析をこれまでよりも高い100MeV近傍まで拡張した上、DEURACSを80および100MeVにおける$$(d,xd)$$反応にも適用した。その結果、DEURACSの計算値は$$(d,xn)$$および$$(d,xd)$$反応の二重微分断面積の実験値を良く再現した。
Recently, intensive neutron sources using deuteron accelerator have been proposed for various applications. Accurate and comprehensive deuteron nuclear data library over wide ranges of target mass number and incident energy are indispensable for the design of deuteron accelerator neutron sources. Thus, we have developed an integrated code system dedicated for analysis and prediction of deuteron-induced reactions, which is called DEUteron-induced Reaction Analysis Code System (DEURACS). In the present work, the analysis of $$(d,xn)$$ reactions is extended to higher incident energy up to nearly 100 MeV and also DEURACS is applied to $$(d,xd)$$ reactions at 80 and 100 MeV. The DEURACS calculations reproduce the experimental double-differential cross sections for the $$(d,xn)$$ and $$(d,xd)$$ reactions well.
使用言語 : English
掲載資料名 : EPJ Web of Conferences (Internet)
: 146
:
ページ数 : p.12025_1 - 12025_4
発行年月 : 2017/09
出版社名 : EDP Sciences
発表会議名 : International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2016)
開催年月 : 2016/09
開催都市 : Bruges
開催国 : Belguim
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 重陽子入射反応; 計算コードシステム; 理論モデル解析
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20152477
抄録集掲載番号 : 45001194
論文投稿番号 : 19425
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This