Technical developments for accurate determination of amount of samples used for TOF measurements
TOF測定に用いるサンプル量の高精度決定のための技術開発
寺田 和司; 中尾 太郎; 中村 詔司; 木村 敦; 岩本 修; 原田 秀郎 ; 高宮 幸一*; 堀 順一*
Terada, Kazushi; Nakao, Taro; Nakamura, Shoji; Kimura, Atsushi; Iwamoto, Osamu; Harada, Hideo; Takamiya, Koichi*; Hori, Junichi*
革新炉や核変換処理の研究開発のため、高精度なマイナーアクチニド(MA)の中性子捕獲断面積が求められている。しかし、現状の精度と要求される精度の間には倍以上の隔たりがある。そこで、MAの断面積精度向上を目的として「マイナーアクチニドの中性子核データ精度向上に係る研究開発」が進められている。精度の良い断面積を得るためには、測定に用いるMA試料のサンプル量を正確に決めることが必要不可欠である。そのため、本プロジェクトの研究課題の一つとして、$$gamma$$線分光法とカロリーメーターを用いた熱測定という2つの異なる手法を用いてサンプル量の高精度決定のための技術開発を進めている。$$gamma$$線分光法では、サンプルからの崩壊$$gamma$$線測定による定量精度向上のために、MAの崩壊$$gamma$$線の高精度測定を実施し、$$gamma$$線放出率を2%以下の精度で決定した。カロリーメーターを用いた熱測定では、MAのQ値が精度よく分かっているため崩壊熱を精密に測定することでMAの放射能値を決定することができる。本発表では、これら2つの手法の開発及び得られた結果について発表する。
The research project entitled "Research and development for Accuracy Improvement of neutron nuclear data on Minor ACtinides (AIMAC)" has been started to improve the reliability of the neutron cross section date of MAs. In order to obtain accurate cross section data, it is indispensable to determine the amount of MA sample accurately and non-destructively. However, the uncertainty concerning the amount of sample is not assured in some cases. Therefore, as a part of the AIMAC project, this study is aimed to development the technique for accurate determination of the amount of samples by two different methods: $$gamma$$-ray spectroscopic method and calorimetric method. This contribution presents the developed techniques together with results obtained by two independent techniques.
使用言語 : English
掲載資料名 : EPJ Web of Conferences (Internet)
: 146
:
ページ数 : p.03019_1 - 03019_4
発行年月 : 2017/09
出版社名 : EDP Sciences
発表会議名 : International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2016)
開催年月 : 2016/09
開催都市 : Bruges
開催国 : Belguim
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 文部科学省
 
登録番号 : BB20152511
抄録集掲載番号 : 45001182
論文投稿番号 : 19413
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This