Status of the R-matrix code AMUR toward a consistent cross-section evaluation and covariance analysis for the light nuclei
軽核断面積および共分散評価のためのR行列解析コードAMURの開発状況
国枝 賢
Kunieda, Satoshi
軽原子核に対する核反応断面積はイオンビーム同位体分析や天文学および放射線医療等の分野において必要とされている。しかし現状の評価値と測定データの間には大きな差異がみられるケースがあり、実際の応用においては機器等の設計における大きな誤差要因となりうる。R行列は量子論に基づいて断面積等の測定データから波動関数の情報を導くことができる理論である。また、理論におけるパラメータは散乱行列のユニタリ性により強く拘束されるため、測定データ間の不整合を理解する上で有用であることが知られている。会合ではR行列理論計算コードの開発状況を示すと共にp+$$^7$$Li反応等に対する断面積・共分散の評価結果を報告する。特に、R行列パラメータや断面積に対する共分散・相関行列解析に焦点を当て、評価データの誤差や共鳴反応におけるユニークな特性を示す。
The cross-sections on the light-nuclei are drawing attention for the ion-beam analysis, the astrophysics and the medical applications and so on. However, there still exist inconsistencies between the measured and evaluated data, which could bring a large uncertainty in the practical applications. The R-matrix formalism is rigorous and straightforward to the quantum mechanics, in which the S-matrix is deduced from the measured cross-sections in the resonance energy region. We present the status of the code with new features on the theoretical calculation and the correction for the measurements. Some example evaluations are also presented for the p + $$^7$$Li reaction. Especially, we focus on the covariance analysis on the resonance parameters and the cross-sections. This is relevant not only to the estimation of the cross-sections uncertainty but also to visualizing natures in the resonant reactions.
使用言語 : English
掲載資料名 : EPJ Web of Conferences (Internet)
: 146
:
ページ数 : p.12029_1 - 12029_4
発行年月 : 2017/09
出版社名 : EDP Sciences
発表会議名 : International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2016)
開催年月 : 2016/09
開催都市 : Bruges
開催国 : Belguim
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20152510
抄録集掲載番号 : 45001195
論文投稿番号 : 19426
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This