Updating source term and atmospheric dispersion simulations for the dose reconstruction in Fukushima Daiichi Nuclear Power Station accident
福島第一原子力発電所事故時の線量再構築のための放出源情報と大気拡散シミュレーションの改良
永井 晴康; 寺田 宏明; 都築 克紀; 堅田 元喜; 太田 雅和; 古野 朗子; 朱里 秀作
Nagai, Haruyasu; Terada, Hiroaki; Tsuzuki, Katsunori; Katata, Genki; Ota, Masakazu; Furuno, Akiko; Akari, Shusaku
福島第一原子力発電所の事故時に放出された放射性物質による住民の被ばく線量を評価するために、計算シミュレーションにより放射性物質の時間空間分布を再構築する。本研究では、放出源情報の精緻化及び大気拡散シミュレーションの高精度化により、放射性物質大気濃度・沈着量の時間空間分布データベースを開発し、住民の行動パターンや移行モデルと組み合わせた推計に活用する。大気拡散シミュレーションの改良としては、新規気象モデルの導入と沈着過程の精緻化を行った。改良モデルは、東日本スケールにおける$$^{137}$$Csの沈着分布を良好に再現したが、福島第一原子力発電所近傍では沈着分布の再現性が低下した。この結果は、放出源情報を改良モデルシミュレーションに対して最適化することにより、さらなる精緻化が必要であることを示している。
In order to assess the radiological dose to the public resulting from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (FDNPS) accident in Japan, the spatiotemporal distribution of radioactive materials in the environment are reconstructed by computer simulations. In this study, by refining the source term of radioactive materials and modifying the atmospheric dispersion model (ATDM), the atmospheric dispersion simulation of radioactive materials is improved. Then, a database of spatiotemporal distribution of radioactive materials in the air and on the ground surface is developed from the output of the simulation. This database is used in other studies for the dose assessment by coupling with the behavioral pattern of evacuees from the FDNPS accident. The ATDM simulation was improved to use a new meteorological model and sophisticated deposition scheme. Although the improved ATDM simulations reproduced well the $$^{137}$$Cs deposition pattern in the eastern Japan scale, the reproducibility of deposition pattern was decreased in the vicinity of FDNPS. This result indicated the necessity of further refinement of the source term by optimization to the improved ATDM simulations.
使用言語 : English
掲載資料名 : EPJ Web of Conferences (Internet)
: 153
:
ページ数 : p.08012_1 - 08012_7
発行年月 : 2017/09
出版社名 : EDP Sciences
発表会議名 : 13th International Conference on Radiation Shielding (ICRS-13) and 19th Topical Meeting of the Radiation Protection & Shielding Division (RPSD 2016)
開催年月 : 2016/10
開催都市 : Paris
開催国 : France
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : Source term; Atmospheric dispersion; Fukushima nuclear accident; Dose reconstruction; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident; 福島第一原子力発電所事故
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 環境省
 
登録番号 : BB20152628
抄録集掲載番号 : 45001200
論文投稿番号 : 19431
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This