検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

粒子・重イオン輸送計算コードPHITSの最近の開発状況と今後の展開

Recent development and future plans of the PHITS code

橋本 慎太郎; 仁井田 浩二*; 佐藤 達彦; 岩元 洋介; 小川 達彦; 古田 琢哉; 安部 晋一郎; 甲斐 健師; 松田 規宏; 岩瀬 広*

Hashimoto, Shintaro; Niita, Koji*; Sato, Tatsuhiko; Iwamoto, Yosuke; Ogawa, Tatsuhiko; Furuta, Takuya; Abe, Shinichiro; Kai, Takeshi; Matsuda, Norihiro; Iwase, Hiroshi*

粒子・重イオン輸送計算コードPHITSは、原子力機構(JAEA), 高度情報科学技術研究機構(RIST), 高エネルギー加速器研究機構(KEK)が中心となり、様々な研究機関と協力して開発を進めている国産の汎用モンテカルロ放射線挙動解析コードである。同コードの開発は国内の技術を結集して進められ、JAEAが取りまとめている核データライブラリJENDL-4.0やKEKが開発を進めてきた電磁カスケード計算コードEGS5などが導入されている。これにより、中性子をはじめとする様々な粒子の輸送を取り扱うことができるため、原子力だけでなく、原子核・素粒子物理、宇宙線科学、医学物理などの様々な分野で活用されている。本発表では、日本原子力学会の「国産コードシステム開発の動向と今後の展望」に関するセッションにおいて、2015年12月に公開された最新版のPHITS2.82の概要について紹介し、特に最近の成果であるEGS5の導入、核反応モデルJQMDやイベントジェネレータモードの改良、光子・ミューオン核反応モデルの組み込みなどを解説する。また、今後の研究計画として、JENDL高エネルギー核データライブラリの組み込みや核反応由来の不定性を系統誤差として評価する機能などについても紹介する。

PHITS is a general purpose Monte Carlo code for radiation transport analysis, and is being developed by JAEA, RIST, and KEK in collaboration with several institutes. Incorporating Japanese evaluated nuclear data library JENDL4.0 and Electron-Gamma Shower code ver. 5 (EGS5) developed by KEK, PHITS is a domestic code based on technology of Japan. PHITS can deal with transport of nearly all particles such as neutrons. PHITS has been applied to various studies in atomic energy field, nucleus-elementary physics, cosmic-ray science, and medical physics. In the session of Present status of the domestic code system development and future plans, we introduce the latest version, PHITS2.82 (released on Dec. 2015), and recent developments such as incorporation of EGS5, improvements of JQMD and event-generator mode, and implementation of photon and muon nuclear reaction models. We present future plans for JENDL high energy file and estimator of systematic error attributed by nuclear reactions.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.