実用高温ガス炉の設計基準事象選定
Selection of design basis event for modular high temperature gas-cooled reactor
佐藤 博之; 中川 繁昭; 大橋 弘史
Sato, Hiroyuki; Nakagawa, Shigeaki; Ohashi, Hirofumi
本検討では、日本原子力学会の研究専門委員会「高温ガス炉の安全設計方針」においてとりまとめられた「実用高温ガス炉の安全要件」に基づき、安全評価にあたり必要な設計基準事象について、高温ガス炉の固有の特性を考慮して決定論的手法を基本としつつ、確率論的手法を導入した選定方針を検討した。また、設計基準事象選定方針を原子力機構設計の発電用実用炉へ適用し、設計基準事象を選定した。これらの結果、在来の原子炉施設の安全評価では設計基準事象とされなかった、安全系の機能喪失を重畳した事故シーケンスを網羅し、かつ、要求する安全性に対応した設計基準事象選定の考え方を構築するとともに、発電用実用炉の設計基準事象選定を完了した。
In this study, we investigate a deterministic approach to select design basis events utilizing information obtained from probabilistic approach. In addition, selections of design basis events are conducted for commercial HTGR designed by JAEA. As a result, an approach for selecting design basis event considering multiple failures of safety systems is established which has not been considered as design basis in the safety guideline for existing nuclear facility. Furthermore, selection of design basis events for commercial HTGR has completed.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2016-014
ページ数 : 64 Pages
発行年月 : 2016/06
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 高温ガス炉; 安全基準
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20160014
抄録集掲載番号 : 44001172
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This