JRR-3制御棒駆動装置100%位置検出器の更新
Enhancement of control rod drive mechanism seating position detector for JRR-3
大内 諭; 車田 修; 上石 瑛伍; 佐藤 正幸; 池亀 吉則; 和田 茂
Ouchi, Satoshi; Kurumada, Osamu; Kamiishi, Eigo; Sato, Masayuki; Ikekame, Yoshinori; Wada, Shigeru
JRR-3制御棒駆動装置100%位置検出器は、原子炉の停止状態を確認するための方法のひとつとして制御棒が完全に挿入されたことを確認するための位置検出器である。100%位置検出器は、定期的な保守等により機能維持し、使用しているが、使用開始から25年以上が経過しているため、経年化が進み、検出機能が低下する事象が多くみられた。また、JRR-3で使用していた検出器は既に製造が終了しており、同機後継機種においても、JRR-3の制御棒駆動装置に適合しないことが確認されたことから、JRR-3の制御棒駆動装置に適合する検出器を選定することが必要であった。そのため、JRR-3の制御棒駆動装置の着座部を模擬した試験治具を製作し、それを用いてJRR-3の制御棒駆動装置に適合する100%位置検出器を詮索、選定し、試験を行った。試験時においては、想定外の事象発生にみまわれたが、改善策を考案し、対策を施すことでJRR-3の制御棒駆動装置に適合する検出器として更新することができた。本報告は、制御棒駆動装置100%位置検出器の選定から更新にかかる交換作業などについてまとめたものである。
The purpose of the control rod drive mechanism seating position detector for JRR-3 is one of a method for confirming the shutdown condition of the reactor. The detector has been utilizing more than 25 years with maintenance regularly. However, it is occurred some trouble recently. Moreover, the detector has already been end of manufacture, and even in the successor detector, it unsuitable for the control rod drive mechanism of JRR-3 was confirmed. Therefore, it was necessary to select the adequate detector to the control rod drive mechanism of JRR-3. Accordingly, we built a test device with the aim of verify several detectors for integrity and function. At the time of the test for performance confirmation, it was occurred unexpected problems. Nevertheless, we devise improvement of the problems and took measures. Thus we were able to collect adequate detector for JRR-3 and replace to enhanced detector. This paper reports the Enhanced of Control rod drive mechanism seat position detector.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2016-015
ページ数 : 42 Pages
発行年月 : 2016/06
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20160015
抄録集掲載番号 : 44001173
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This