Calculation of cross sections for metastable state production in the $$(n,gamma)$$, $$(n,n')$$, $$(n,2n)$$ and $$(n,3n)$$ reactions of $$^{93}$$Nb
$$^{93}$$Nbの$$(n,gamma)$$, $$(n,n')$$, $$(n,2n)$$及び$$(n,3n)$$反応で生じる準安定状態の生成断面積の計算
市原 晃
Ichihara, Akira
JENDL-4.0の改訂に向けて、$$^{93}$$Nbの$$(n,gamma)$$, $$(n,n')$$, $$(n,2n)$$及び$$(n,3n)$$反応で生じる準安定状態の生成断面積を、入射エネルギーが7keVから20MeVの範囲で計算した。計算には汎用核データ評価コードCCONEを使用し、核反応模型(球形核光学模型、多段階統計模型、前平衡模型、歪曲波ボルン近似)に基づき断面積を求めた。本研究では、考慮する原子核の離散準位の上限と準位密度のスピン分布を調整することにより、実験データをよく再現する準安定状態生成断面積が得られた。$$(n,n')$$反応に対しては、放射化ライブラリーJENDL/A-96の評価値と比較して、入射エネルギーが10MeV以下において実験値の再現性を改善できた。本研究の手法は、他の反応における準安定状態生成断面積の評価に利用できると期待される。
Toward the revision of $$^{93}$$Nb data in JENDL-4.0, we calculated cross sections for metastable state production in the $$(n,gamma)$$, $$(n,n')$$, $$(n,2n)$$ and $$(n,3n)$$ reactions in the incident energy range from 7 keV to 20 MeV. The cross sections were computed on the basis of nuclear reaction models (the spherical optical model, the multi-step statistical model, preequilibrium models, and the distorted-wave Born approximation). By adjusting the parameters in nuclear spin densities and the number of discrete states, we could obtain the metastable state production cross sections which were almost consistent with the measured data. The obtained $$^{93}$$Nb$$(n,n')$$$$^{93m}$$Nb cross section was in good agreement with the experiments in the incident energies below 10 MeV, in comparison with JENDL/A-96.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Science and Technology
: 53
: 12
ページ数 : p.2049 - 2055
発行年月 : 2016/12
出版社名 : Taylor & Francis
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20160012
抄録集掲載番号 : 44001631
論文投稿番号 : 18305
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:100
分野:Nuclear Science & Technology
Altmetrics
Add This