Significance of international cooperative research on fission product behavior towards decommissioning of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station; Review of the CLADS International Workshop
福島第一原発廃炉に向けた国際協力による核分裂生成物挙動評価研究の重要性; CLADS国際ワークショップレビュー
FP挙動研究チーム
Research Team for Fission Product Behavior
福島第一原子力発電所(1F)事故は、ソースターム評価高度化のための多くの研究ニーズ、とりわけ核分裂生成物(FP)挙動評価研究ニーズを提示した。しかしながら、日本においては長年FP関連研究が活発に実施されてこなかった。2015年11月に開催された廃炉国際共同研究センター(CLADS)ワークショップは、1F廃炉に向けた革新的ソリューションを求め、最新のFP関連知見を収集して、専門家の間で国際的な議論を開始するための重要な機会であった。本報告書は、CLADSワークショップの1つのセッションとして開催された「FPセッション」の成果を述べるものである。FPセッションにおいては、1Fで生じた現象を適切に理解するためには更なる炉内状況の分析が必要であり、このために必要ないくつかの研究領域が指摘された。これを受けて、本報告書では、日本における研究活動をコーディネイトし、多国間でのコミュニケーションを促進することにより、1Fの課題に効果的に応えて行くためのFP研究プラットフォームを確立していくことを提案する。本プラットフォームを利用して実施されるFP研究は、1F廃炉のための重要な情報を提供すると共に、国際的コミュニティがFPに関する知見を拡充するために役立つものと考えられる。これらのFP研究の成果は、過酷事故対策の高度化にも貢献可能である。
The severe accident (SA) of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (1F) has given rise to enlarged research needs for the improvement of the source term assessment. Fission Product (FP) related researches, however, have not been widely conducted in Japan for many years, thus a framework for such research is not so robust. The Collaborative Laboratories for Advanced Decommissioning Science (CLADS) workshop held in November 2015 was an important opportunity to gain the state of art knowledge on FP and to start discussion between worldwide experts on innovative solution for 1F issues. This report describes the outcomes of FP session conducted in the CLADS workshop. It was pointed out during the workshop that further analyses were needed to properly understand the phenomena that occurred in 1F. The establishment of a Japanese FP platform is here proposed to respond to 1F issues effectively as a means to coordinate the national research efforts and increase communication between worldwide stakeholders. The FPs studies conducted in this frame will provide important information for the decommissioning of 1F, and will be also of great help for the international community to progress the knowledge on FPs behavior. Finally their outcomes could contribute in establishing improved SA management measures.
使用言語 : English
報告書番号 : JAEA-Review 2016-012
ページ数 : 17 Pages
発行年月 : 2016/07
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : Fission Product; Decommissioning; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station; CLADS; Severe Accident; 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20160012
抄録集掲載番号 : 44001180
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This