IAEA ENVIRONETへの関与及び鉱山跡措置に係る海外事例調査
Involvement in IAEA ENVIRONET and research on overseas reference cases regarding environmental remediation of closed uranium mine
齊藤 宏
Saito, Hiroshi
人形峠環境技術センターでは、ウラン鉱山の鉱業活動を終了し、現在は鉱山保安法に基づき施設の維持管理を行うとともに、鉱山跡措置を進めている。これまでに、効率的な鉱山跡措置のため、最適な進め方、施設間の優先順位、具体的な調査項目や方法等について検討してきた。その結果、今後検討し解決する必要のある課題が残されていることが分かってきた。そこで、関連分野の海外の専門家との意見交換等により知見を得るとともに、海外の休止ウラン鉱山において先行して実施された又は実施中の事例に係る情報を取得するため、IAEAが構築した環境修復に係る多国間ネットワーク"ENVIRONET"に平成21年の構築以降継続して関与し、年次総会及び運営委員会に出席するとともに、同様な課題を有する出席者との関係を強化してきた。また、文献及びウェブサイトの調査を並行して行い、必要な情報取得を行ってきた。ENVIRONETへの関与により取得した情報と文献調査より得られた情報とあわせて、追加し調査を行う休止ウラン鉱山とそこで取得すべき具体的な情報を事前に抽出したうえで、該当する鉱山を対象に現地調査及び打合せを行い、必要な情報を取得し、これらの整理を行った。
Environmental remediation has been conducted in closed Ningyo-toge Uranium Mine, after decades of mine-related activities. During the remediation, whole procedure, priority, necessary investigations and specific methods have been examined, and issues are clarified which should be solved in the future. For that, it has been recommended that opinions are exchanged among specialists in related fields overseas, and information and their experience are referred. As part of the activities, Ningyo-toge Environmental Engineering Center has been involved continuously in IAEA ENVIRONET, multinational network for environmental remediation. Also, bonds are tightened among participants and IAEA by exchanging opinions and sharing the issues. In parallel, literature survey has been conducted to supplement the information obtained through ENVIRONET and to clarify additionally-required information and targeted sites. The expected information are obtained from the site-visits and now being organized.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2016-009
ページ数 : 80 Pages
発行年月 : 2016/07
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : IAEA ENVIRONET; 鉱山跡措置; 休止ウラン鉱山; 鉱さいたい積場; 海外事例; 文献調査; 現地調査
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20160009
抄録集掲載番号 : 44001177
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This