高速炉機器の信頼性評価に用いる荷重等の入力データの設定方法
Determination methodologies for input data including loads considered for reliability evaluation of fast reactor components
横井 忍*; 神島 吉郎*; 定廣 大輔*; 高屋 茂
Yokoi, Shinobu*; Kamishima, Yoshio*; Sadahiro, Daisuke*; Takaya, Shigeru
規格基準体系が有する余裕を合理的な水準に適正に設定することを目指したシステム化規格概念の実現に向けた検討が行われている。余裕の適正化のために必要となる定量的指標としては破損確率が有望視されているが、破損確率を算出するには、不確定性を有する変数について確率分布形、平均値(もしくは中央値)及び分散(もしくは標準偏差)等の不確定量を入力することが必要になる。これらの入力データのうち、材料強度に関する統計的特性についてはJAEA-Data/Code 2015-002「高速炉機器の信頼性評価に用いる材料強度の統計的特性、オーステナイト系ステンレス鋼」にて報告されている。本報では、高速炉機器の破損確率を求める際に必要な入力データであって、JAEA-Data/Code 2015-002の対象外である荷重等に係る入力データについて、その設定方法及び設定の考え方をまとめたものである。
Many efforts have been made to implement the System Based Code concept aiming at optimizing margins dispersed in existing codes and standards. Failure probability calculated based on statistical information such as a type of probability distribution, mean (or median) and variance (or standard deviation) for random variables is expected to be a promising quantitative index for margin optimization. Statistical information on material strength, which is also required to calculate the failure probability, has been already reported in JAEA-Data/Code 2015-002 "Structural Properties of Material Strength for Reliability Evaluation of Components of Fast Reactors -Austenitic Stainless Steels-" whereas others have not been identified yet. This report provides methodologies and basic ideas to determine statistical parameters of other random variables, especially variable loads, necessary for reliability evaluation.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2016-002
ページ数 : 38 Pages
発行年月 : 2016/07
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 富士電機三菱FBRシステムズ
 
登録番号 : DC20160002
抄録集掲載番号 : 44001174
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This