幌延深地層研究計画; 平成26年度地下施設計測データ集
Collection of measurement data in 2014 fiscal year at the Horonobe Underground Research Laboratory Project
櫻井 彰孝; 青柳 和平
Sakurai, Akitaka; Aoyagi, Kazuhei
幌延深地層研究計画は、「深地層の科学的研究」と「地層処分研究開発」を、第1段階「地上からの調査研究段階」、第2段階「坑道掘削時の調査研究段階」、第3段階「地下施設での調査研究段階」の3段階に区分し20年程度をかけ進めることとしている。第1段階の調査研究は、平成13年3月から平成18年3月までの約5年間にわたり実施し、坑道掘削前の深部地質環境の把握とともに、地下施設の設計・施工計画を策定し、第2段階以降における調査研究の課題を具体化した。第2段階は、第1段階の調査結果に基づき、安全かつ合理的な坑道建設のための計測、坑道の設計・施工技術の高度化に向けた研究開発のための計測、掘削前に予測した深部地質環境モデルを検証するための計測についての計画を取りまとめ、「幌延深地層研究計画における立坑掘削時の計測計画及び情報化施工プログラム」ならびに「幌延深地層研究計画における水平坑道掘削時の計測計画及び情報化施工プログラム」を策定し運用した。平成27年度より実施している第3段階の研究調査は、地下施設において地層処分にかかわる原位置試験が進められ、また、坑道の長期安定性の検討のため計測が継続されている。本データ集は、情報化施工プログラムを実施していくための基礎データとすること、調査・計測データの共有化ならびに散逸防止を図ることを目的として、平成26年度に実施した地下施設建設時の調査・計測結果を取りまとめたものである。
The Horonobe Underground Research Laboratory (URL) Project has being pursued by Japan Atomic Energy Agency (JAEA) to enhance the reliability of relevant disposal technologies through investigations of the deep geological environment within the host sedimentary formations at Horonobe, northern Hokkaido. The URL project consists of two major research areas, "Geoscientific Research" and "R&D on Geological Disposal Technologies", and proceeds in three overlapping phases, "Phase I: Surface-based investigations", "Phase II: Investigations during tunnel excavation" and "Phase III: Investigations in the underground facilities", over a period of around 20 years. The Phase I geoscientific research was carried out from March 2001 to March 2006 in parallel with design and execution scheme on URL facilities. In addition, identifying key issues that need to be addressed in the Phase II/III investigations was planned. At the beginning of the Phase II investigations, investigation reports related to measurement plan and observational construction program on shaft and drift excavation were published. The observational construction program summarizes the followings from the results of the Phase I investigations: measurements for safety and reasonable constructions, enhancement of shaft design and construction technologies and evaluation of appropriateness for the deep geological environment model estimated before shaft excavation. Currently, Phase III investigation related to geological disposal in underground facilities has been conducting. Also, measurement for consideration of long-term stability of the tunnel has been continued. This report summarizes the measurements data acquired at the West Shaft in 2014 fiscal year for the purpose of the basic data for carrying out the Observational Construction Program.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2016-003
ページ数 : 84 Pages
発行年月 : 2016/07
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : DC20160003
抄録集掲載番号 : 44001175
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This