加速器質量分析による日本刀の$$^{14}$$C年代と暦年代
$$^{14}$$C ages and calendar years of Japanese swords measured with accelerator mass spectrometry
永田 和宏*; 松原 章浩*; 國分 陽子; 中村 俊夫*
Nagata, Kazahiro*; Matsubara, Akihiro*; Kokubu, Yoko; Nakamura, Toshio*
本研究では、鋼で作られた4種類の日本刀に含まれる炭素の同位体である放射性同位体$$^{14}$$Cと安定同位体の$$^{12}$$Cと$$^{13}$$Cを加速器質量分析計により定量した。そして、$$^{14}$$Cの放射性壊変による濃度減少を利用した放射性炭素年代法により$$^{14}$$C年代を求め、さらに暦年較正により暦年代を決定した。また、この暦年代と茎に刻印された作者の活動時期とを比較し、刀の製作年代を検証した。放射性炭素年代より求めた暦年代と、作者名や作者が活動した年代に木炭の樹齢を考慮すると、最も古くかつ確率密度の高い年代が刀の制作年代に対応することが分かった。
Steel of Japanese swords has been produced with Tatara process from iron sand and charcoal. Carbon dissolved in steel was absorbed from wooden charcoal fuel at the production of the steel. From the decay of $$^{14}$$C activity in the steel, the $$^{14}$$C age of Japanese sword can be determined. The $$^{14}$$C ages of 4 Japanese swords were calibrated to a few calendar years. There are several generations of the same names of sword masters. The year of production of each sword was determined from the calendar year and the sword master's name cut in the grip of his sword after taking the age of charcoal into account. The oldest calendar year with high probability agreed with the age of sword master.
使用言語 : Japanese
掲載資料名 : 鉄と鋼
: 102
: 12
ページ数 : p.736 - 741
発行年月 : 2016/12
出版社名 : 日本鉄鋼協会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : AMS; C-14; 年代測定
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20160033
抄録集掲載番号 : 45000073
論文投稿番号 : 18409
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:100
分野:Metallurgy & Metallurgical Engineering
Altmetrics
Add This