幌延深地層研究計画; 平成28年度調査研究計画
Horonobe Underground Research Laboratory Project; Investigation program for the 2016 fiscal year
花室 孝広
Hanamuro, Takahiro
本計画は、原子力機構が堆積岩を対象に北海道幌延町で実施している。原子力機構の第3期中長期計画では、幌延深地層研究計画について、「実際の地質環境における人工バリアの適用性確認、処分概念オプションの実証、地殻変動に対する堆積岩の緩衝能力の検証に重点的に取り組む。また、平成31年度末までに研究終了までの工程やその後の埋戻しについて決定する。」としている。幌延深地層研究計画は、「地上からの調査研究段階(第1段階)」、「坑道掘削(地下施設建設)時の調査研究段階(第2段階)」、「地下施設での調査研究段階(第3段階)」の3つの調査研究段階に分けて進めることとしており、全体の期間は20年程度を考えている。平成28年度は、地下施設での調査研究段階(第3段階)を継続しながら、第3期中長期計画の2年度目として、同計画に掲げた3つの課題を達成していくための調査研究を実施する。
As part of the research and development program on geological disposal of high-level radioactive waste (HLW), the Horonobe Underground Research Center, a division of the Japan Atomic Energy Agency (JAEA), is implementing the Horonobe Underground Research Laboratory Project (Horonobe URL Project) with the aim at investigating sedimentary rock formations. According to the research plan described in the 3rd Mid- and Long-term Plan of JAEA, according to the Horonobe URL Project, "Near-field performance study", "Demonstration of repository design option", and "Verification of crustal-movement buffering capacity of sedimentary rocks" are the top priority issues, and schedule for finishing the project and backfill plan will be decides by the end of 2019 Fiscal Year. The Horonobe URL Project is planned to extend over a period of about 20 years. This report summarizes the investigation program for the 2016 fiscal year (2016/2017).
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2016-010
ページ数 : 22 Pages
発行年月 : 2016/07
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 幌延深地層研究計画; 高レベル放射性廃棄物; 地層処分; 地層科学研究
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20160010
抄録集掲載番号 : 44001178
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This