Theoretical model analysis of $$(d,xn)$$ reactions on $$^9$$Be and $$^{12}$$C at incident energies up to 50 MeV
50MeVまでの入射エネルギーにおける$$^9$$Beおよび$$^{12}$$Cに対する$$(d,xn)$$反応の理論モデル解析
中山 梓介; 河野 広*; 渡辺 幸信*; 岩本 修; 緒方 一介*
Nakayama, Shinsuke; Kono, Hiroshi*; Watanabe, Yukinobu*; Iwamoto, Osamu; Ogata, Kazuyuki*
厚いBeおよびC標的を重陽子で照射した際の二重微分中性子収量(TTNY)をDEURACS(DEUteron-induced Reaction Analysis Code System)を用いて解析した。TTNYの計算値は入射エネルギー50MeVまでの範囲で実測値をよく再現した。また、陽子ストリッピング反応が中性子生成に最も支配的な寄与をすることがわかった。これらの解析からDEURACSが$$(d,xn)$$反応に適用可能であること、また中性子収量の精度良い予測のためにはストリッピング反応を記述するモデルが重要であることがわかった。
Double-differential thick target neutron yields (TTNYs) from deuteron bombardment on thick Be and C targets are analyzed using the DEURACS (DEUteron-induced Reaction Analysis Code System). The calculated TTNYs reproduced the experimental ones quantitatively well in the incident energy range up to 50 MeV. In addition, it was found that the proton stripping reaction makes the most dominant contribution to neutron production. From the analysis, we conclude that the DEURACS is applicable to $$(d,xn)$$ reactions and modeling of the stripping reaction is essential to predict neutron production yields accurately.
使用言語 : English
掲載資料名 : Physical Review C
: 94
: 1
ページ数 : p.014618_1 - 014618_9
発行年月 : 2016/07
出版社名 : American Physical Society
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 重陽子入射反応; 中性子生成反応; 理論モデル解析; 計算コードシステム
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20160034
抄録集掲載番号 : 44001320
論文投稿番号 : 17992
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:28.92
分野:Physics, Nuclear
Altmetrics
Add This