超深地層研究所計画,年度計画書; 2016年度
Mizunami Underground Research Laboratory Project, Plan for fiscal year 2016
濱 克宏; 竹内 竜史; 岩月 輝希; 笹尾 英嗣; 見掛 信一郎; 池田 幸喜; 松井 裕哉; 大澤 英昭
Hama, Katsuhiro; Takeuchi, Ryuji; Iwatsuki, Teruki; Sasao, Eiji; Mikake, Shinichiro; Ikeda, Koki; Matsui, Hiroya; Osawa, Hideaki
日本原子力研究開発機構東濃地科学センターでは、高レベル放射性廃棄物の地層処分技術に関する研究開発のうち、深地層の科学的研究(地層科学研究)の一環として、結晶質岩(花崗岩)を対象とした超深地層研究所計画を進めている。本研究所計画では、2014年度に原子力機構改革の一環として抽出された三つの必須の課題(地下坑道における工学的対策技術の開発、物質移動モデル化技術の開発、坑道埋め戻し技術の開発)の調査研究を進めている。本計画書は、2015年に改訂した「超深地層研究所地層科学研究基本計画」に基づき、2016年度の超深地層研究所計画の調査研究計画、施設計画、共同研究計画などを示したものである。
The Mizunami Underground Research Laboratory (MIU) project is being pursued by the Japan Atomic Energy Agency (JAEA) to enhance the reliability of geological disposal technologies through investigations of the deep geological environment in the crystalline host rock (granite rock) at Mizunami City in Gifu Prefecture, central Japan. On the occasion of the reform of the entire JAEA organization in 2014, JAEA identified three important issues on the geoscientific research program: "Development of countermeasure technologies for reducing groundwater inflow", "Development of modelling technologies for mass transport" and "Development of drift backfilling technologies", based on the latest results of the synthesizing research and development (R&D). These R&D on three remaining important issues have been carrying out on the MIU project. This report summarizes the R&D activities planned for fiscal year 2016 based on the MIU Master Plan updated in 2015 and so on.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2016-015
ページ数 : 29 Pages
発行年月 : 2016/07
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20160015
抄録集掲載番号 : 44001285
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This