JAEAにおける核不拡散分野の透明性向上研究の成果
Study of transparency in the field of nuclear nonproliferation conducted at JAEA
川久保 陽子; 関根 恵; 富川 裕文
Kawakubo, Yoko; Sekine, Megumi; Tomikawa, Hirofumi
アジア太平洋地域は、既に核燃料サイクルを有する国から将来的に原子力発電を目指す新興国まで、原子力発電をめぐる各国の状況は多様であり、また地域内には核兵器保有国等も存在するため地政学的状況も複雑である。したがって、地域の不安定化をもたらすことなく円滑に原子力活動を推進するためには、透明性を確保することにより地域内の信頼を醸成することが重要である。こうした認識の下、日本原子力研究開発機構は、1995年より米国エネルギー省及び傘下の国立研究所と共同で透明性の向上を目的とした様々な研究や活動を実施してきた。その取り組みは、透明性概念研究、高速実験炉「常陽」における遠隔監視システムの開発、アジア太平洋安全保障協力会議(CSCAP: The Council for Security Cooperation in the Asia Pacific)における透明性ウェブサイト開発支援、情報共有フレームワークの開発、及び地域内の関係者を広く招いたワークショップの開催等が挙げられる。現在は、これらの過去の研究及び活動の成果を基に、透明性向上を目的とした情報共有の実施フェーズに移行中である。2015年には、アジア太平洋保障措置ネットワーク(APSN)に参画している保障措置・核不拡散専門家を対象として情報共有フレームワークウェブサイトを開設した。本報告書は、原子力機構において20年近くにわたって実施されてきた透明性向上を目的とした研究及びその他の活動について総括し、今後の展開について論じるものである。
Nuclear transparency is recognized as essential to provide additional assurance and enhance confidence building in the Asia-Pacific as this region has a broad spectrum of nuclear development underway and planned in the future. It is expected that elevated nuclear transparency should also supplement and reinforce International Atomic Energy Agency (IAEA) safeguards. With this recognition, Japan Atomic Energy Agency (JAEA) has committed various studies and activities for enhancing regional transparency mainly with U.S. Department of Energy (DOE) and its national laboratories. The efforts include transparency concept study, development of the remote monitoring system at the Experimental Fast Reactor JOYO, cooperation to Council for Security and Cooperation in Asia Pacific (CSCAP) to develop internet-based transparency tools, establishment of Information Sharing Framework (ISF), and the hosting of a series of workshops. Based on all the achievements of the past efforts, JAEA is now moving from "study phase" toward the "implementation phase" of information sharing for enhancing its nuclear transparency. The ISF website was opened in 2015 as a part of Asia Pacific Safeguards Network (APSN) website for JAEA to provide relevant information to APSN members. This report summarizes the past studies and activities performed in JAEA for almost 20 years to enhance regional nuclear transparency and discusses the future prospect.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2016-017
ページ数 : 57 Pages
発行年月 : 2016/10
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 透明性; 遠隔監視; 核不拡散
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20160017
抄録集掲載番号 : 44001617
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This