Measurements of americium isotopes by activation method at KURRI-Linac
京都大学原子炉実験所電子線形加速器施設での放射化法によるアメリシウム同位体の測定
中村 詔司; 寺田 和司; 高橋 佳之*; 佐野 忠史*; 堀 順一*
Nakamura, Shoji; Terada, Kazushi; Takahashi, Yoshiyuki*; Sano, Tadafumi*; Hori, Junichi*
マイナーアクチノイドの核データの精度向上研究(AIMACプロジェクト)の一環として、マイナーアクチノイド核種の中性子捕獲断面積測定を進めてきている。本研究では、$$^{241}$$Amと$$^{243}$$Am核種を選定し、京都大学原子炉実験所の電子線形加速器施設の中性子源を用いた放射化実験を行った。加速器施設のターゲット室における中性子束は、照射位置で10$$^{8}$$(n/cm$$^{2}$$s)オーダーであることが分かった。照射済み試料の$$alpha$$線および$$gamma$$線計測を行い、反応率を導出することができた。今回の照射条件で、放射化実験が可能であることが確認できた。
Neutron capture cross section measurements has been conducted for Minor Actinides (MAs) under the research project entitled by "Research and development for Accuracy Improvement of neutron nuclear data on Minor ACtinides (AIMAC)". The present work selected two americium isotopes, $$^{241}$$Am and $$^{243}$$Am, were selected, and measurements were carried out by an activation method with neutron sources at KURRI-Linac. It was found that the neutron flux at the target positon was of the order of 10$$^{8}$$ (n/cm$$^{2}$$s). The reaction rates of $$^{241}$$Am and $$^{243}$$Am were obtained by $$alpha$$- and $$gamma$$-ray measurements of the irradiated Am samples.
使用言語 : English
掲載資料名 : KURRI Progress Report 2015
:
:
ページ数 : P. 69
発行年月 : 2016/08
出版社名 : 京都大学原子炉実験所
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : Americium 241; Americium 243; Activation Method; KURRI-Linac; Neutron Cross Section
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 文部科学省
 
登録番号 : AA20160068
抄録集掲載番号 : 44001367
論文投稿番号 : 18045
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This