花崗岩中に発達する粘土脈の観察・分析データ
Observed and analyzed data for clay veins in granite
植木 忠正; 田辺 裕明*; 丹羽 正和; 石丸 恒存; 島田 耕史
Ueki, Tadamasa; Tanabe, Hiroaki*; Niwa, Masakazu; Ishimaru, Tsuneari; Shimada, Koji
本研究は、高レベル放射性廃棄物の地層処分技術に関する研究開発のうち、深地層の科学的研究の一環として実施している地質環境の長期安定性に関する研究の主要な研究課題の一つである、断層の活動性に係る調査技術の開発・体系化を目的としている。断層の活動性評価は、断層を被覆する上載地層のずれに基づいて行われることが多いが、基盤岩中のボーリングコアや地下坑道掘削中に遭遇した断層のように上載地層の変位が確認できない状況では、断層の最新活動時期の推定は難しい。今回、花崗岩中の粘土脈(粘土が充填した割れ目)を対象に、断層の活動性を評価する手法の開発に資することを目的として、露頭記載、薄片観察、研磨片の元素マッピング、X線回析分析、粒径分析、および石英粒子の分析(電子顕微鏡による表面構造観察および電子スピン共鳴信号測定)を実施した。本データ集は、これらの結果を取りまとめ、報告するものである。
Occurrence of recent activity of faults is often evaluated based on displacements of subsurface sediments covering the faults. However, this evaluation is not applicable for faults that occur where subsurface sediments are not found. In this study, mesoscopic description in a field, microscopic observation using thin sections, chemical composition mapping for polished slabs, X-ray diffraction analysis, particle size distribution analysis, and detailed analysis for quartz fragments (scanning electron microscopy and measurement of electron spin resonance signals) were carried out for clay veins in order to contribute a development of evaluation of fault activity. This Data/Code reports the results of these observation and analyses.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2016-010
ページ数 : 292 Pages
発行年月 : 2016/09
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : DC20160010
抄録集掲載番号 : 44001468
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This