廃棄体技術基準等検討作業会の活動; 平成27年度活動報告書
Waste Technical Standards Working Group annual report 2015
廃棄体技術基準等検討作業会
Waste Technical Standards Working Group
日本原子力研究開発機構廃棄物対策・埋設事業統括部では、研究施設等廃棄物の浅地中処分(ピット処分、トレンチ処分)に向け、廃棄体製作部署(拠点)との情報交換を目的とした廃棄体技術基準等検討作業会を設置し、埋設計画並びに施設設計に必要となる廃棄体本数及び核種毎の放射能インベントリ、廃棄物確認における廃棄体の仕様・性能に係る技術基準への対応方法、放射能評価手法、品質管理の方法等の技術的な検討を進めている。本報告書は、平成27年度の廃棄体技術基準等検討作業会の活動実績として、平成26年度までに検討した結果をふまえて設定した廃棄体作製に係る品質保証、放射能濃度データ取得に係る原子力機構標準マニュアルの整備、今後の計画等についての検討結果を取りまとめたものである。
Radioactive Waste Management and Disposal Project Department has set up a Working Group for the purpose of sharing information within the Sector of Decommissioning and Radioactive Wastes Management of Japan Atomic Energy Agency, heading towards implementation of disposal of low level radioactive waste generated from research, medical and industrial facilities. Waste package quantities and its radioactivity inventory which are needed for disposal project planning and facility design, as well as methods for corresponding to the technical standards on confirmation related to waste disposal, radioactivity evaluation techniques and quality control methods have been addressed in the Working Group. This annual report summarizes the activities of the Working Group in the FY 2015 regarding quality management system related to the manufacturing of the waste packages, standard manual for radioactivity data acquisition of JAEA and future issues on the basis of the results by 2014.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2016-020
ページ数 : 61 Pages
発行年月 : 2016/09
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 浅地中埋設処分; 低レベル放射性廃棄物
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20160020
抄録集掲載番号 : 44001379
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This