Post-grouting with colloidal silica at great depth of the Mizunami Underground Research Laboratory, Japan
瑞浪超深地層研究所におけるコロイダルシリカを用いた大深度でのポストグラウチング
辻 正邦*; 小林 伸司*; 佐藤 稔紀; 見掛 信一郎; 松井 裕哉
Tsuji, Masakuni*; Kobayashi, Shinji*; Sato, Toshinori; Mikake, Shinichiro; Matsui, Hiroya
本論文は、瑞浪超深地層研究所(MIU)の大深度地下において実施したコロイダルシリカを用いたグラウト(CSG)の適用性を示している。瑞浪超深地層研究所では、深度300mにおけるポストグラウト試験で3年以上にわたりその耐久性と適用性が確認された。さらに、スウェーデンのプロジェクトとこの試験に関して、CSGの適用性を比較した結果、MIUにおいてスウェーデン式の理論的設計の適用性が示された。これを受け、MIUの深度500mの坑道においてさらなる湧水抑制とグラウチング手法の開発のためにスウェーデン式のグラウチング設計法を用いたCSGを実施し、このポストグラウチングによって湧水の低減が図られ、グラウチングした岩盤の透水係数は10$$^{-9}$$m/sより小さいと評価された。
This paper presents the application of a durable liquid-type colloidal silica grout (CSG), to the great depth of the Mizunami Underground Research Laboratory (MIU). The CSG had been invented decades ago in Japan for the purpose of the ground improvement. A post-grouting experiment with the CSG carried out in 300 m depth of MIU confirmed its applicability and good durability at a great depth more than 3 years. Furthermore, a comparison study of applying the CSG between this experiment and a Swedish project indicated good applicability of the Swedish theoretical design to MIU. The CSG with the Swedish design were applied to the post-grouting campaign in a gallery at 500 m depth for further reducing water ingress and for developing the latest grouting methodology. The grouting was successful in reducing the abundant inflow from the rock with many fractures. The conductivity of the grouted rock mass of the latter fans is estimated to be lower than 10$$^{-9}$$ m/s.
使用言語 : English
掲載資料名 : Proceedings of 8th Nordic Grouting Symposium
:
:
ページ数 : p.171 - 185
発行年月 : 2016/09
出版社名 :
発表会議名 : 8th Nordic Grouting Symposium
開催年月 : 2016/09
開催都市 : Oslo
開催国 : Norway
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : post; grouting; colloidal; Silica; Mizunami
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : Chalmers University of Technology清水建設
 
登録番号 : BB20160587
抄録集掲載番号 : 45000095
論文投稿番号 : 18431
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This