原子核物理におけるチャネル結合法と核反応研究
Coupled-channels method in nuclear physics and nuclear reaction study
福井 徳朗
Fukui, Tokuro
量子力学の基本原理である重ねあわせの原理は、原子核物理においても重要である。最も単純な例では、重陽子の基底状態におけるs波とd波の混合が挙げられる。一般に、異なる量子状態(チャネル)の線形結合で記述された系のSchr$"o$dinger方程式は、チャネル結合方程式と呼ばれる連立方程式を導き、それを解くことでチャネルの混合を考慮した波動関数が得られる。本講演では、原子核物理におけるチャネル結合法の基本的性質について、先の重陽子の例に加え、Hartree-Fock法などのいくつかの例を通して、その理解を深めることを目的とする。続いて、核反応計算においてチャネル結合法を適用した我々の研究成果を紹介する。特に、散乱における粒子の内部励起に関するチャネル結合法(連続状態離散化チャネル結合法; CDCC)の説明に重点を置く。CDCCを用いた研究成果の1つとして、従来の簡単化した模型では決して現れなかった移行反応における新奇な反応メカニズムを報告する。
no abstracts in English
使用言語 : Japanese
掲載資料名 : 原子核研究
: 61
: Suppl.1
ページ数 : p.22 - 25
発行年月 : 2017/03
出版社名 : 原子核研究編集委員会
発表会議名 : 第62回原子核三者若手夏の学校
開催年月 : 2016/08
開催都市 : 信濃
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20160410
抄録集掲載番号 : 45001352
論文投稿番号 : 19578
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This