研究施設等廃棄物浅地中処分施設における廃棄体の受入基準の設定; 充填固化体の耐埋設荷重
Waste acceptance criteria for waste packages destined for near surface disposal containing radioactive waste from research, industrial and medical facilities
岡田 翔太; 出雲 沙理; 仲田 久和; 辻 智之; 坂井 章浩; 天澤 弘也
Okada, Shota; Izumo, Sari; Nakata, Hisakazu; Tsuji, Tomoyuki; Sakai, Akihiro; Amazawa, Hiroya
第二種廃棄物埋設規則に規定された廃棄体の技術基準の一つには、「埋設された場合において受けるおそれのある荷重に耐える強度を有すること。」とされ、国によって確認を受けなければならない。そのため、日本原子力研究開発機構では、これまでに各拠点における技術基準に適合する廃棄体の作製に備えて、廃棄体作製に係る基本手順を検討してきており、一部の拠点においてはその検討結果を採り入れて不燃性の固体状の放射性廃棄物を分別し、これに係る作業記録を作成して保管・管理している。本報告では、その際の分別作業記録に基づき廃棄物の組成を設定し、基本手順に従い容器へ収納、モルタル充填材の充填、固型化、養生を行って模擬廃棄体を作製して、コンクリートピット埋設設備に俵積み方式で埋設処分した場合を想定した実載荷試験と、トレンチ埋設設備に埋設処分した場合を想定した実載荷試験を行い、それぞれの模擬廃棄体の変位量及びひずみ量等を測定し模擬廃棄体の耐埋設荷重を設定した。
Waste packages must meet the technical requirements. This is because JAEA has been preparing an operating procedure manual for quality control of radioactive waste disposal to be applied to the processing of the waste packages. Raw wastes generated by JAEA are segregated and stored by a method specified in the manual. The composition of raw wastes was characterized on the basis of records of the segregation process. Simulated waste packages were produced by placing the waste materials in a 200 liter drum, which was then filled with mortar, followed by curing in a controlled manner. The static load test was conducted to measure deformation and strain performance of the simulated waste package. Compression apparatuses which can imitate loading conditions in pit-type and trench-type facility that are planned by JAEA were used. Based on the test result, waste packages produced in accordance with the manual met the technical requirement under the condition.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2016-023
ページ数 : 129 Pages
発行年月 : 2016/11
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 廃棄体; 廃棄物処分施設; 圧縮強度
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20160023
抄録集掲載番号 : 44001614
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This