Applicability of polyvinylpolypyrrolidone adsorbent to treatment process of wastes containing uranium
ポリビニルポリピロリドン吸着材のウラン廃棄物処理への適用性
大橋 裕介; 原田 雅幸*; 浅沼 徳子*; 安藤 詞音; 田中 祥雄; 池田 泰久*
Ohashi, Yusuke; Harada, Masayuki*; Asanuma, Noriko*; Ando, Shion; Tanaka, Yoshio; Ikeda, Yasuhisa*
ウランを含んだ廃棄物からのウラン回収法として、ポリビニルポリピロリドン(PVPP)吸着材の適用性を確認するため、ウラン廃棄物を溶解した塩酸溶液からの金属イオンのPVPPへの吸着及び溶離挙動を確認した。その結果、Na(I)及びAl(III)が高い濃度で存在しても、U(VI)種は選択的にPVPPに吸着されることが分かった。吸着したU(VI)種は純水によってPVPPから選択的に溶離し、溶離液から不純物含有量の少ないウランが得られた。これらの結果から、PVPP吸着材はウラン廃棄物処理への適用が期待できる。
In order to assess the feasibility of method for recovering U from wastes containing uranium (scrap uranium) using polyvinylpolypyrrolidone (PVPP) adsorbent, we have examined the adsorption and desorption behavior of metal species in HCl aqueous solutions dissolving scrap uranium. It was found that the U(VI) species are selectively adsorbed onto PVPP regardless of the presence of a large amount of Na(I) and Al(III), that the adsorbed U(VI) species are desorbed from PVPP column selectively by water. Pure uranium was efficiently recovered from the eluates. From these results, the PVPP resin is expected to be used as the adsorbent in the treatment process of scrap uranium.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry
: 311
: 1
ページ数 : p.491 - 502
発行年月 : 2017/01
出版社名 : Springer
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20160266
抄録集掲載番号 : 45000142
論文投稿番号 : 18469
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This