検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

IAEA国際技術会合(TM)「放射線損傷に関する核反応データと不確かさ」に関する報告

Report for nuclear reaction data and uncertainties for radiation damage at IAEA Technical Meeting (TM)

岩元 洋介; 今野 力

Iwamoto, Yosuke; Konno, Chikara

国際原子力機関(IAEA)主催の技術会合(TM)「放射線損傷に関する核反応データと不確かさ」が、2016年6月にIAEA本部で開催された。本TMでは、国際共同研究活動(CRP)「初期の放射線損傷断面積(2013年-2017年)」において検討されている放射線損傷データ(一次はじき出し原子エネルギースペクトル、カーマ係数、放射線損傷断面積、材料中のガスの生成断面積等)の評価に関する議論を深めることを目的としている。CRPメンバーの岩元は、PHITSコードと核データ処理コードNJOYによる放射線損傷データの比較について報告し、コンサルタントとして参加した今野は、様々な核データライブラリとNJOYを用いて計算されたカーマ係数間の差について報告した。他の参加者から、それぞれ関連する研究の報告並びにCRPの活動計画に対する提案があり、今後のCRP全体の活動として、原子炉や加速器構造材として利用される主要な核種に対して、誤差付きの放射線損傷データを計算することとなった。これを受けて、各参加者の役割分担について議論、同意がなされた。

The technical meeting of nuclear reaction data and uncertainties for radiation damage was held at IAEA Headquarters in June 2016. This Meeting was organized to implement the recommendation of the IAEA Coordinated Research Project (CRP) "Primary Radiation Damage Cross Sections" to analyze the accuracy and consistency of the radiation damage-relevant nuclear data in the major nuclear data evaluations with the eventual goal of identifying the most reliable data and providing quantitative uncertainty estimates. Participants have considered the status of the primary nuclear data, such as reaction recoils spectra in the latest releases of nuclear data libraries, and the ways of deriving the damage quantities KERMA, dpa cross sections and gas production cross sections as well as the recipes for an assessment of their uncertainties. This report contains the contemporary view of the Meeting participants on these issues in the form of a consolidated set of statements and recommendations.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.