プルトニウム転換技術開発施設における硝酸プルトニウム溶液の安定化処理に係る分析業務報告; 平成26年4月$$sim$$平成27年12月
Report on analytical activities in potentially hazardous materials mitigation measures at the Plutonium Conversion Development Facility; 2014.4 $$sim$$ 2015.12
堀籠 和志; 鈴木 久規; 鈴木 快昌; 石橋 篤; 田口 茂郎; 稲田 聡; 久野 剛彦; 駿河谷 直樹
Horigome, Kazushi; Suzuki, Hisanori; Suzuki, Yoshimasa; Ishibashi, Atsushi; Taguchi, Shigeo; Inada, Satoshi; Kuno, Takehiko; Surugaya, Naoki
東海再処理施設のプルトニウム転換技術開発施設では、平成26年4月から硝酸プルトニウム溶液を安定な形態のウラン・プルトニウム混合酸化物に転換し、硝酸プルトニウム溶液が有する水素発生などの潜在的ハザードを低減するための安定化処理を実施してきた。本処理を円滑に進めるため、同分析設備では、ウラン・プルトニウム混合酸化物粉末及びその原料となる硝酸ウラニル溶液、硝酸プルトニウム溶液を試料とした各種の分析業務を実施してきた。本報告書は、平成26年4月から平成27年12月までに実施した約3,500件の分析及び分析設備の保守・点検などの関連する業務の実績についてまとめたものである。
In order to mitigate potential hazards of storage plutonium in solution such as hydrogen generation, conversion of plutonium solution into MOX powder has been carried out since 2014 in the Plutonium Conversion Development Facility. With respect to the samples taken from the conversion process, about 3500 items of plutonium/uranium solutions and MOX powders have been analyzed for the operation control in the related analytical laboratories at the Tokai Reprocessing Plant. This paper describes the reports on analytical activities and related maintenance works in the analytical laboratories conducted from April 2014 to December 2015.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2016-026
ページ数 : 21 Pages
発行年月 : 2016/12
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : プルトニウム転換技術開発施設; 分析業務
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20160026
抄録集掲載番号 : 45000103
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This