Theoretical model analysis of composite-particle emission from deuteron-induced reactions
中山 梓介; 岩本 修; 渡辺 幸信*
Nakayama, Shinsuke; Iwamoto, Osamu; Watanabe, Yukinobu*
重陽子核データ評価に向け、重陽子入射反応用の計算コードシステムDEURACSを開発している。本研究ではDEURACSを改良し、重陽子入射反応からの複合粒子放出に適用した。DEURACSによる計算値は、入射エネルギー80MeVにおける$$^{27}$$Alおよび$$^{58}$$Niに対する$$(d,xd)$$, $$(d,xt)$$, $$(d,x^3 {rm He})$$, $$(d,xalpha)$$反応の二重微分断面積を良く再現した。この解析結果から、重陽子誘起の複合粒子放出の計算には非弾性散乱およびピックアップ反応の取り扱いが重要であることが示された。
Toward evaluation of deuteron nuclear data, we have been developing a code system dedicated for the deuteron-induced reactions, called DEURACS. In the present work, we make an improvement in DEURACS and apply it to composite-particle emission from deuteron-induced reactions. The calculation using DEURACS reproduces the experimental double-differential cross sections of $$(d,xd)$$, $$(d,xt)$$, $$(d,x^3 {rm He})$$, and $$(d,xalpha)$$ reactions on $$^{27}$$Al and $$^{58}$$Ni at incident energy of 80 MeV quantitatively well. From the results of the analyses, it is shown that the treatment of inelastic scattering and pick-up reaction processes is important in the calculation of deuteron-induced composite-particle emission.
使用言語 : English
掲載資料名 : JAEA-Conf 2017-001
ページ数 : p.91 - 96
発行年月 : 2018/01
出版社名 :
発表会議名 : 2016年度核データ研究会
開催年月 : 2016/11
開催都市 : つくば
開催国 : 日本
特許データ :
論文URL :
キーワード : 重陽子入射反応; 複合粒子放出; 理論モデル解析
使用施設 :
広報プレスリリース :
受委託・共同研究相手機関 :
登録番号 : BB20161280
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 19918
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Add This