検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

Evaluation of neutron resonance parameters for Zr isotopes

Zr同位体中性子共鳴パラメーターの評価

市原 晃

Ichihara, Akira

核データ研究グループでは、中期計画として汎用評価済核データライブラリーJENDL-4.0改訂のための活動に取り組んでいる。ジルコニウム(Zr)は原子炉構造材として重要であり、燃料被覆管にはジルコニウム合金が使用されている。また、$$^{93}$$Zrは半減期が100万年を超える長寿命核分裂生成物である。原子力技術向上のため、信頼できるZr同位体の中性子核データは不可欠である。現在、JENDL-4.0評価後に公開された実験データを用いてZr同位体の共鳴パラメーターを再評価している。$$^{93}$$Zrに対しては、J-PARC/MLF/ANRRIの測定値との一致を改善するため、負の共鳴を削除した。天然のZr同位体の共鳴パラメーターについては、CERNのn-TOF施設の実験結果を参照して修正していく。

In the Nuclear Data Center of Japan Atomic Energy Agency (JAEA-NDC), we are engaged in the evaluation activity for the next version of the Japanese Evaluated Nuclear Data Library, JENDL-4.0. Zirconium is an important structural material in nuclear reactors, and zircaloys are being employed in fuel rods. Also, $$^{93}$$Zr is a long-lived fission product (LLFP) with a half-life of 1.61$$times$$10$$^{6}$$ years. At present we are investigating resonance parameters of Zr isotopes using experimental data published after the evaluation of JENDL-4.0. Through this work, a negative resonance of $$^{93}$$Zr in JENDL-4.0 was removed to reproduce the J-PARC/MLF/ANRRI experiment. The resonance parameters for other natural Zr isotopes will be altered by adopting the data obtained at CERN n-TOF experiments.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.