Effect of twin boundary on crack propagation behavior in magnesium binary alloys; Experimental and calculation studies
マグネシウム二元系合金のき裂進展挙動に対する双晶境界の影響; 実験と計算による研究
染川 英俊*; 都留 智仁
Somekawa, Hidetoshi*; Tsuru, Tomohito
マグネシウムのき裂進展挙動に対する合金元素の影響と{10$$bar{1}$$2}型の双晶境界における原子レベルの挙動について、実験と計算によって検討した。その結果、実験から合金元素が明確にき裂進展挙動に影響することがわかった。計算によって、閉殻な軌道を銀や亜鉛などの合金ではマグネシウムの双晶境界を強化する傾向があることがわかった。
The impact of alloying elements on crack propagation and atomistic phenomenon at {10$$bar{1}$$2}-type twin boundaries in magnesium was investigated via both experiments and calculations. The alloying elements clearly affected crack propagation behavior. Cracks were difficult to propagate along matrix-deformation twinning interfaces in alloys that had high fracture toughness. In such magnesium alloys, the solute atoms, e.g., silver, manganese and zinc atoms, create adhesive interactions between magnesium atoms. Closed-shell and covalent-like bonding of these kinds of solute atoms would influence strong adhesion, which impedes the nucleation of a new surface at the twin boundary.
使用言語 : English
掲載資料名 : Scripta Materialia
: 130
:
ページ数 : p.114 - 118
発行年月 : 2017/03
出版社名 : Elsevier
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20160385
抄録集掲載番号 : 45000054
論文投稿番号 : 18390
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:100
分野:Nanoscience & Nanotechnology
Altmetrics
Add This