Development and verification of a new nuclear data processing system FRENDY
新しい核データ処理システムFRENDYの開発と検証
多田 健一; 長家 康展; 国枝 賢; 須山 賢也; 深堀 智生
Tada, Kenichi; Nagaya, Yasunobu; Kunieda, Satoshi; Suyama, Kenya; Fukahori, Tokio
原子力機構では、評価済み核データJENDLやMARBLE2, SRAC, MVP, PHITSをはじめとした多くの核計算コードの開発を実施してきた。JENDLやこれらの核計算コードは多くの国々で広く使われているが、核計算コードが利用する断面積ライブラリを生成する核データ処理システムについてはこれまで日本では開発されておらず、NJOYやPREPROなどの諸外国の核データ処理システムを利用してきた。新しい核データライブラリが公開された際に、核計算コード用の断面積ライブラリを独立かつ適切に処理するため、原子力機構では新しい核データ処理システムFRENDYの開発を2013年から開始した。本論文では、FRENDYの概要、特徴そして検証について説明する。
JAEA has developed an evaluated nuclear data library JENDL and several nuclear analysis codes such as MARBLE2, SRAC, MVP and PHITS. Though JENDL and these computer codes have been widely used in many countries, the nuclear data processing system to generate the data library for application programs had not been developed in Japan and foreign nuclear data processing systems, e.g., NJOY and PREPRO are used. To process the new library for JAEA's computer codes immediately and independently, JAEA started to develop the new nuclear data processing system FRENDY in 2013. In this paper, outline, function, and verification of FRENDY are described.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Science and Technology
: 54
: 7
ページ数 : p.806 - 817
発行年月 : 2017/07
出版社名 : Taylor & Francis
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : FRENDY; 核データ処理; JENDL; MVP; MARBLE2; PHITS; SRAC; MCNP
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20160417
抄録集掲載番号 : 45000868
論文投稿番号 : 19112
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:100
分野:Nuclear Science & Technology
Altmetrics
Add This