検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

国産核データ処理システムFRENDYの開発,4; ACEファイル作成機能の実装

Development of nuclear data processing system FRENDY, 4; Implementation of the ACE file generator

多田 健一; 長家 康展; 国枝 賢

Tada, Kenichi; Nagaya, Yasunobu; Kunieda, Satoshi

原子力機構では、国産核データ処理システムFRENDY(FRom Evaluated Nuclear Data librarY to any application)の開発を進めている。FRENDYの開発では、連続エネルギーモンテカルロ計算コード用の断面積ライブラリ作成機能の実装を第一の目標としている。連続エネルギーモンテカルロ計算コード用の断面積ライブラリの作成を行うためには、(1)ポイントワイズ断面積の作成、(2)確率テーブルの作成、(3)熱中性子散乱データの処理、(4)連続エネルギーモンテカルロ計算コード用断面積ライブラリの作成の四つの処理を実施する必要がある。FRENDYでは既に1 - 3の処理機能を実装しており、今年度はPHITSやMCNPなど、多くのモンテカルロ計算コードで採用されているACEファイルの作成機能の実装について報告する。FRENDYで作成したACEファイルの妥当性検証のため、JENDL-4.0をFRENDYおよびNJOY99で処理したACEファイルを使用して積分実験のベンチマーク計算を実施し、実効増倍率を比較した。その結果、どの体系においても0.05%以下の精度でNJOY99の結果と一致することが分かった。このことから、FRENDYのACEファイル作成機能は妥当であると考えられる。

JAEA has been developing the nuclear data processing system FRENDY (FRom Evaluated Nuclear Data librarY to any application). The first goal of the development of FRENDY is generation function of the nuclear data library for the continuous energy Monte Carlo calculation code. To generate the nuclear data library, four procedures, i.e., (1) Generation of point wise cross section, (2) generation of the probability table, (3) processing the thermal scattering law data, and (4) generation of the nuclear data library, are required. In this presentation, generation of the ACE file which is the nuclear data library for the continuous energy Monte Carlo code is described. To verify FRENDY, the K$$_{rm eff}$$ values which is using the ACE file which is processed by FRENDY are compared with that by NJOY99. The difference of the K$$_{rm eff}$$ values are less than 0.05%. This result indicates that FRENDY appropriately generate the ACE file.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.