検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

TENDL-2015中性子サブライブラリー及びそのACEファイルの問題

Problems on TENDL-2015 neutron sub-library and its ACE file

今野 力; 多田 健一

Konno, Chikara; Tada, Kenichi

200MeVまでの核データライブラリーTENDL-2015は、世界中で、特に、ヨーロッパで標準的な核データライブラリーとして使われ始めている。我々は、TENDL-2015の中性子サブライブラリーとそのACEファイルに次の3つの問題があることを見つけた。すなわち、(1)中性子サブライブラリーに非分離共鳴データがあっても、ACEファイルに非分離共鳴データがない核種が多い、(2)中性子サブライブラリーに2次$$gamma$$線データがあっても、ACEファイルに2次$$gamma$$線データが入っていない核種が多い、(3)捕獲反応で放出される約5MeV以上の2次$$gamma$$線が他のライブラリーと比べ少ない核種が多い、である。これらの問題の影響を調べたところ、以下のことが判明した。TENDL-2015中性子サブライブラリーでは、(1)非分離共鳴の自己遮蔽が補正できない、(2)中性子-$$gamma$$線結合計算で正しい$$gamma$$線束を計算できず、約1keV以下のDPA断面積が極端に小さくなることがある。以上のことから、TENDL-2015の中性子サブライブラリーの捕獲反応の2次$$gamma$$線データとACEファイルは修正が必要である。

The nuclear data library TENDL-2015 up to 200 MeV is being used as a standard nuclear data library worldwide, particularly in Europe. We found out the following three problems in the ENDF and ACE files in TENDL-2015 neutron sub-library; (1) no unresolved resonance data in most of the ACE files, (2) no secondary $$gamma$$ data in most of the ACE files, (3) No high-energy $$gamma$$ peaks in the capture reaction of a lot of the ENDF files. We examined effects of these problems and the followings were demonstrated; (1) insufficient self-shielding correction, (2) wrong $$gamma$$ spectra in neutron-$$gamma$$ coupling calculations and wrong DPA cross section data. Secondary $$gamma$$ data of the capture reaction and ACE files in TENDL-2015 neutron sub-library should be revised.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.