Evaluation of effective dose coefficient with variation of absorption fraction in gastrointestinal system for ingestion of radiocesium
放射性セシウムの経口摂取に関する胃腸管吸収率の変動託と実効線量換算係数の評価
Pratama, M. A.; 高原 省五; 波戸 真治*
Pratama, M. A.; Takahara, Shogo; Hato, Shinji*
本研究の目的は、胃腸管吸収率($$f_{1}$$ 値)の変動が預託実効線量換算係数にもたらす変化を特定することに加えて、年齢別に異なる$$f_{1}$$ 値に対する年齢別の預託実効線量換算係数を提供することである。この目的を達成するため、本研究では、$$f_{1}$$ 値を0から1の範囲で変化させて、1歳, 5歳および成人に対する預託実効線量換算係数を計算した。計算にはオークリッジ国立研究所の開発したDCALコードを利用した。この結果、吸収率が低くなると、他の年齢に比べて成人の換算係数が大きく減少することが分かった。これは、放射性セシウムが胃腸管で吸収された場合、その生物学的半減期は成人の方が長いため、1歳および5歳と比べて体内での被ばくが大きくなるためである。
The purpose of this study is to identify the significance of the change in the intestinal absorption rate values the ($$f_{1}$$ value) to the change of dose coefficient as well as to provide a list of dose coefficients which each of the value corresponds to a specific intestinal absorption rate and age groups. In the range of 0-1, 10 different values of $$f_{1}$$ for 1 year, 5 years old, and adult group were chosen and used in a separate calculation by using, a biokinetic compartment model, DCAL. It was found that the lower values of intestinal absorption rate lead to a significant decrease of the committed effective coefficient for adult. Oppositely for children, the decrease of committed effective coefficient was not as significant. This study also suggests that the significance of dose coefficient change due to the variation of $$f_{1}$$ substantially depends on the biological half-life of the radionuclide and the mass of organs and tissues in human body.
使用言語 : English
掲載資料名 : 保健物理
: 52
: 3
ページ数 : p.200 - 209
発行年月 : 2017/09
出版社名 : 日本保健物理学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : Dosimetry; Intestinal Absorption; Biokinetic Model
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20160452
抄録集掲載番号 : 45001356
論文投稿番号 : 19582
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This