Current situations and discussions in Japan in relation to the new occupational equivalent dose limit for the lens of the eye
水晶体の新しい職業等価線量限度に関する日本の現状および議論
横山 須美*; 浜田 信行*; 林田 敏幸*; 辻村 憲雄; 立崎 英夫*; 黒澤 忠弘*; 青天目 州晶*; 大口 裕之*; 大野 和子*; 川浦 稚代*; 飯本 武志*; 伊知地 猛*; 堀田 豊*; 岩井 敏*; 赤羽 恵一*
Yokoyama, Sumi*; Hamada, Nobuyuki*; Hayashida, Toshiyuki*; Tsujimura, Norio; Tatsuzaki, Hideo*; Kurosawa, Tadahiro*; Nabatame, Kuniaki*; Oguchi, Hiroyuki*; Ono, Kazuko*; Kawaura, Chiyo*; Iimoto, Takeshi*; Ichiji, Takeshi*; Hotta, Yutaka*; Iwai, Satoshi*; Akahane, Keiichi*
国際放射線防護委員会が2011年に水晶体の職業等価線量限度を下げることを勧告して以来、多くの議論が様々な国々でなされてきた。この論文は、日本における水晶体の放射線防護の現状と新しい水晶体線量限度の潜在的なインパクトに関する議論をとりまとめる。トピックは水晶体線量限度の歴史的変遷、水晶体の職業被ばくの現状(例えば、医療労働者, 原子力労働者、および福島原子力発電所労働者)と測定、生物学的研究および放射線白内障に関する疫学研究の現状を含んでいる。焦点は日本の状況に置かれているが、そのような情報の共有は他の多くの国々にとって有用になると思われる。
Since the International Commission on Radiological Protection recommended reducing the occupational equivalent dose limit for the lens of the eye in 2011, there have been extensive discussions in various countries. This paper reviews the current situations in radiation protection of the ocular lens and the discussions on the potential impact of the new lens dose limit in Japan. Topics include historical changes to the lens dose limit, the current situations in occupational lens exposures (e.g., in medical workers, nuclear workers, and Fukushima nuclear power plant workers) and measurements, and the current status of biological studies and epidemiological studies on radiation cataracts. Our focus is on the situations in Japan, but we believe such information sharing will be useful in many other countries.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Radiological Protection
: 37
: 3
ページ数 : p.659 - 683
発行年月 : 2017/09
出版社名 : IOP Publishing
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 水晶体; 等価線量限度; ICRP
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20160544
抄録集掲載番号 : 45001215
論文投稿番号 : 19446
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:100
分野:Environmental Sciences
Altmetrics
Add This