検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

炉内構造物を含む燃料デブリの臨界安全評価; 連続エネルギーモンテカルロ法コードMVPと六因子公式に基づく解析

Criticality safety analysis of fuel debris using MVP and six factor formula

坂本 雅弘*; 亀山 高範*; 多田 健一

Sakamoto, Masahiro*; Kameyama, Takanori*; Tada, Kenichi

東京電力福島第一原子力発電所事故で発生した燃料デブリを安全に取出・管理するため、燃料デブリの臨界安全評価が実施されている。炉内構造物を含む燃料デブリは組成・形状等が複雑であり、燃料デブリの臨界安全評価では、様々な条件を想定する必要がある。そこで炉内構造物を含む燃料デブリの臨界安全評価のため、連続エネルギーモンテカルロコードMVPを用いて燃料デブリの組成・形状等が実効増倍率に与える影響を評価した。また、非均質効果を六因子公式を用いて整理した。

To investigate the criticality of the fuel debris, we estimate the impact of composition and configuration of fuel debris on the k-effective. And the heterogeneous effect of the fuel debris is investigated using the six factor formula.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.