検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

JMTR照射試験・照射後試験に関する技術レビュー

Technical review on irradiation tests and post-irradiation examinations in JMTR

照射試験炉センター

Neutron Irradiation and Testing Reactor Center

材料試験炉(JMTR)は1968年の運転開始から国内最大の照射試験炉として材料や燃料の基礎研究、RI製造、発電炉の開発や安全に関するプロジェクト研究に多大な貢献をしてきた。JMTRの照射試験研究を進めるにあたっては、照射技術及び照射後試験技術が極めて重要な要素であり、約40年に渡りJMTRでは技術開発を行いながら、照射試験や照射後試験に必要な設備整備を行ってきた。現在、世界の試験研究炉を含む原子力関連施設の高経年化は共通の課題となっており、一部の国においては、古い試験研究炉の廃止を進めつつ、新規照射試験炉の概念設計や建設が進んでいる。この状況は日本においても同様である。本報告書は、JMTRで培ってきた照射試験及び照射後試験に係る技術開発について、技術の継承及び人材育成に資することを念頭にまとめたものである。

The Japan Materials Testing Reactor (JMTR) has been contributing to various R&D activities in the nuclear research such as the fundamental research of nuclear materials/ fuels, safety research and development of power reactors, radio isotope (RI) production since its beginning of the operation in 1968. Irradiation technologies and post irradiation examination (PIE) technologies are the important factors for irradiation test research. Now, decontamination and new research reactor construction are common issue in the world according to aging. This report outlines any irradiation and PIE technologies developed at JMTR in 40years and for technology succession and development of human resources.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.