1F事故による環境回復に伴う廃棄物の管理と除去土壌の減容・再生利用の取り組み,5; 低レベル放射性廃棄物の処分費用の積算
Challenges for management of radioactively contaminated wastes and volume reduction and reuse/recycling of removed soil derived from the activities for environmental remediation after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station accident, 5; Cost evaluation method for the disposal of low level radioactive waste
仲田 久和; 坂井 章浩; 天澤 弘也; 坂本 義昭
Nakata, Hisakazu; Sakai, Akihiro; Amazawa, Hiroya; Sakamoto, Yoshiaki
日本原子力学会2017年春の年会バックエンド部会企画セッション「福島第一原発事故による環境汚染の回復に伴う汚染廃棄物の管理と除去土壌の減容・再生利用の取り組み;低レベル放射性廃棄物の処分費用の積算方法」からの特記記事である。再生利用可能な除去土壌を分離した後の除去土壌は最終処分される。除去土壌の最終処分場の設計検討に資することを目的として、研究施設等から発生する低レベル放射性廃棄物の処分方法(研廃処分場)を参考として、合理的な設計に向けた費用評価上の課題を検討した。検討に際しては、研廃処分場において、遮水工を設置したトレンチ型埋設処分施設(付加機能型トレンチ処分施設)の概念設計をしたことから、その評価方法を適用して実施した。
Removed soil except those that may be reusable/recyclable would be finally disposed of. A general view is obtained in regards to a disposal concept of low level radioactive wastes generated from research, industrial and medical facilities, for the purpose of contributing to designing final disposal facilities of removed soil. It is analyzed to investigate the issues relating to cost evaluation in order to reasonably carry out that design, referring to a cost evaluation methodology applied to a trench-type disposal facility, which has been planned by JAEA, with impermeable layers.
使用言語 : Japanese
掲載資料名 : 日本原子力学会誌
: 59
: 8
ページ数 : p.447 - 449
発行年月 : 2017/08
出版社名 : 日本原子力学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 低レベル放射性廃棄物; 処分費用; 処分施設設計; 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20170035
抄録集掲載番号 : 45001033
論文投稿番号 : 19271
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This