The Laser and optical system for the RIBF-PALIS experiment
RIBF-PALIS実験のためのレーザーと光学系
園田 哲*; 飯村 秀紀; Reponen, M.*; 和田 道治*; 片山 一郎*; Sonnenschein, V.*; 高松 峻英*; 富田 英生*; 小島 隆夫*
Sonoda, Tetsu*; Iimura, Hideki; Reponen, M.*; Wada, Michiharu*; Katayama, Ichiro*; Sonnenschein, V.*; Takamatsu, Takahide*; Tomita, Hideki*; Kojima, Takao*
理化学研究所の不安定核ビーム施設(RIBF)では、低エネルギー(~40keV)の不安定核イオンビームを生成するために、レーザーイオン源(PALIS)を建設中である。このイオン源は、Arガス中に捕獲された不安定核の中性原子に、波長の異なる2本のレーザービームを照射し、不安定核原子を2段階で共鳴イオン化する。しかるに、レーザー装置とイオン源は約70m離れており、しかも実験中は放射線強度が高いためにイオン源周辺に近づけない。そこで、レーザービームを長距離輸送する、遠隔操作が可能な光学システムを開発した。開発したシステムを試験した結果、レーザービームの位置は安定しており、紫外域で50%程度の輸送効率があることから、不安定核の実験に有用であることが確認された。
In order to produce low-energy RI beams at RIKEN RIBF, a laser ion source, PALIS, is under construction. This ion source is based on resonance ionization of RI atoms captured in Ar gas. Because the ion source is located 70m away from lasers, we have developed an optical system for laser beam transport. This system can be controlled remotely when the ion source is not accessible because of high radiation level. The position of laser beam after transport is reasonably stable, and the transport efficiency is about 50%.
使用言語 : English
掲載資料名 : Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A
: 877
:
ページ数 : p.118 - 123
発行年月 : 2018/01
出版社名 : Elsevier
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 原子核構造; レーザー共鳴イオン化; 同位体分離装置
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20170182
抄録集掲載番号 : 46000042
論文投稿番号 : 19683
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This