検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

講義4; 評価済み核データライブラリの処理

Lecture 4; Processing of evaluated nuclear data file

多田 健一

Tada, Kenichi

核データ処理はJENDLなどの評価済み核データライブラリとMVPやPHITS、MARBLEなどの輸送計算コードとを繋ぐ非常に重要なプロセスである。しかし、核データ処理は新しい核データライブラリが公開された時や、核データライブラリが修正された時など、非常に限られた場面でしか行われないこと、また核データ処理に関する資料がほとんどないことなどから、専門家の育成や技術の継承が困難な分野の一つである。そのため、炉物理を専攻する学生はもとより、炉物理分野の若手技術者・研究者でも核データ処理に関する知識を有している人がほとんどいないのが現状である。そこで評価済み核データライブラリと核データ処理に関する基礎的な知識を身に着け、評価済み核データや核データ処理に関する知見を深める端緒とすることを目的に、本講義を実施する。本講義では、評価済み核データライブラリの読み方と多群断面積ライブラリを作成するまでのそれぞれの処理の概要について説明する。

The nuclear data processing is very important process to connect the evaluated nuclear data file and nuclear transport calculation code. Because the nuclear data processing is carried out only when new or modified nuclear data file were released, it is difficult to cultivate the specialist of the nuclear data processing. To enhance understanding of the evaluated nuclear data file and nuclear data processing, this lecture explains the overview of them.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.