検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

Study on restricted use of contaminated rubble on Fukushima Daiichi NPS site, 2; Validation of reference radiocesium concentration for recycling materials

福島第一原子力発電所敷地内における放射能で汚染されたがれき類の限定的な再利用に関する検討,2; 算出した放射性セシウムめやす濃度の妥当性評価

三輪 一爾; 島田 太郎; 武田 聖司

Miwa, Kazuji; Shimada, Taro; Takeda, Seiji

本報告では(その1)において算出した限定再利用に対するめやす濃度の妥当性を確認するため、再利用後の線源(再生資材)に対し、(1)1F敷地内の作業者に対する追加被ばく線量、(2)1F敷地境界の空間線量率への寄与、(3)地下水移行による海洋出口での水中濃度、について評価した。(1)の評価では、1F敷地内で線源に最も接近をする作業者の被ばく線量を評価し、その線量が放射線作業従事者の年間被ばく限度20mSv/yと比較し十分に低い値であることを確認した。(2)の評価では、1F敷地内で再利用された全再生資材から受ける敷地境界での空間線量率を解析し、その結果がバックグラウンドを合算しても敷地境界での目標値1mSv/y以下を満足することを確認した。さらに(3)の評価として、敷地内の流速条件等を考慮した道路路盤材及びコンクリート構造物の基礎から溶出する核種の移行解析を行い、算出した水中放射性セシウム濃度が現在の1F敷地内の排水基準を満足していることを示した。

In this study, in order to validate the restricted use of recycling material at the reference radiocesium concentration (determined in series report (1)), we evaluated worker annual doses, air dose rate at the site boundary and impact of migrated radiocesium into groundwater. Firstly, we evaluated the additional annual dose for workers, on the assumption that typical workers coming in contact with the source after construction (Road: 1.2 mSv/y, Building: 1.3 mSv/y). Secondly, we evaluated the air dose rates by distance from road and building including recycling material, and investigated the distance for not exceeding 1 mSv/y (including additional dose rate by recycling and background dose rate of 0.6 mSv/y) at the site boundary (Road: 25 m, Building: 1 m). Thirdly, we evaluated the Cs migration in groundwater, and investigated the distance required for satisfying the operation target value ($$^{134}$$Cs: 1 Bq/L, $$^{137}$$Cs: 1 Bq/L) at the boundary (coastal line) (Road: 10 m, Building: 10 m).

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.