核データ研究の最前線; たゆまざる真値の追及、そして新たなニーズへ応える為に,1; 多様化する原子核工学と核データのニーズ
Cutting-edge studies on nuclear data for continuous and emerging need, 1; Diversifying nuclear applications and need for the nuclear data
須山 賢也; 国枝 賢; 深堀 智生; 千葉 豪*
Suyama, Kenya; Kunieda, Satoshi; Fukahori, Tokio; Chiba, Go*
核データとは狭義には原子核と中性子の反応の確率であるが、一般的に言えば、原子核の物理的変化や反応の様子を表現するデータの事である。我が国が原子力開発に着手して以来、核データの開発は重要な技術開発のテーマであり、現在我が国の核データライブラリJENDLは世界で最も高い精度と完備性を兼ね備えた核データファイルの一つとして国際的に認知されている。本連載講座では、原子力開発に関係している方々を対象とし、核データ開発の意義、核データの開発の最新の状況、国際的な動向、そして今後の開発の方向性を解説する。
The nuclear data is the data on the reaction probability between the neutron and the nuclide in a narrow sense. However generally speaking, it is the data describing the physical change of the nuclide and the status of the nuclear ration. Since Japan had started the nuclear energy development, the nuclear data has been one of the most important technical development theme. Now, the nuclear data library of Japan, i.e., JENDL, is well recognized internationally because of the highest-accuracy and fully-furnished types of the included data. This serial lecture describes the significance and the status of the nuclear data development, the international trend, and the direction of the future development.
使用言語 : Japanese
掲載資料名 : 日本原子力学会誌
: 59
: 10
ページ数 : p.598 - 602
発行年月 : 2017/10
出版社名 : 日本原子力学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 核データ; JENDL
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20170233
抄録集掲載番号 : 45001249
論文投稿番号 : 19480
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This