Characterization of the n_TOF EAR-2 neutron beam
n_TOF EAR-2中性子ビームラインの特性把握研究
Chen, Y. H.*; Tassan-Got, L.*; 原田 秀郎 ; 木村 敦; n_TOF Collaboration*; 他130名*
Chen, Y. H.*; Tassan-Got, L.*; Harada, Hideo; Kimura, Atsushi; n_TOF Collaboration*; 130 of others*
CERNの中性子飛行時間測定施設において、長い中性子飛行距離を有する第1実験室に加え、短い中性子飛行距離位置に第2実験室を設計・建設した。パラレル・プレート・アバランチェ・カウンター(PPAC)を用いて、第2実験室における中性子ビームの空間的広がり及びエネルギー分布を測定した。また、第1実験室で観測され時間校正に使用されてきた$$gamma$$線フラッシュは観測されないという知見が得られ、本観測結果に基づき、$$gamma$$線フラッシュの物理的起源に関する考察結果を示した。
The experimental area 2 (EAR-2) at CERNs neutron time-of-flight facility (n_TOF), which is operational since 2014, is designed and built as a short-distance complement to the experimental area 1 (EAR-1). The Parallel Plate Avalanche Counter (PPAC) monitor experiment was performed to characterize the beam profile and the shape of the neutron flux at EAR-2. The prompt $$gamma$$-flash which is used for calibrating the time-of-flight at EAR-1 is not seen by PPAC at EAR-2, shedding light on the physical origin of this $$gamma$$-flash.
使用言語 : English
掲載資料名 : EPJ Web of Conferences (Internet)
: 146
:
ページ数 : p.03020_1 - 03020_4
発行年月 : 2017/09
出版社名 : EDP Sciences
発表会議名 : International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2016)
開催年月 : 2016/09
開催都市 : Bruges
開催国 : Belguim
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 核データの測定; 核データ測定施設
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 中性子核データ国際共同研究n\_TOFプロジェクト
 
登録番号 : BB20171276
抄録集掲載番号 : 45001183
論文投稿番号 : 19414
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This